芸能人

松下由樹は結婚して夫子供いるのか太った?若い頃ダンス画像ドラマ昔を調査!

更新日:





女優の松下由樹さんは大人の魅力がありますが結婚して夫や子供はいるのでしょうか。また「若い頃はドラマよりダンスで活躍した」「画像は昔より太った」説もあります。今回は松下由樹さんは結婚して夫や子供がいるのか、若い頃のドラマやダンスでの活躍、また、太った説を画像で検証してみたいと思います。

スポンサーリンク




松下由樹の実家は北海道それとも名古屋なのかwiki風プロフィールは?ドラマを調べてみた!

(出典:https://smart-flash.jp/)

女優としてご活躍中の松下由樹さんは、1968年7月9日、北海道名寄市生まれ、愛知県名古屋市ご出身(北海道から愛知県に引っ越した時期といった詳細は不明)です。1987年にNHKの音楽番組「ヤングスタジオ101」(1986~1988年)で、ダンサーとしてレギュラー出演し、芸能界入りをされます。同時期には映画やテレビドラマにも出演し始め、「オイシーのが好き!」(1989年・TBS)で初主演を務めます。

そして1991年の映画「新・同棲時代」「波の数だけ抱きしめて」にて『第15回日本アカデミー賞助演女優賞』を受賞されます。そして、1996年から放送された「ナースのお仕事」(フジテレビ)シリーズに準主役で出演し、知名度を上げられます。他にもテレビ時代劇「大奥〜第一章〜」(2004年・フジテレビ)での春日局(お福)役を務めるといった、演技の幅を広げられます。

一方でバラエティー番組にも進出し、「水10! ココリコミラクルタイプ」(2001~2007・フジテレビ)でのコントで披露したコメディー演技が評判を呼びます。2005年から4年間、明治安田生命が行った新入社員対象のアンケート調査では“理想の上司”として選ばれる等、その人気はうなぎ登りとなりました。近年も、映画「臨場 -劇場版-」(2012年)やテレビドラマ「当番弁護士 梶原藤子の事件ファイル」(2020年・テレビ東京)、「宇良田唯~医者としての使命に燃えて~」(2021年・テレビ熊本)等、数多くの作品に出演し活躍中です。

松下由樹と結婚して夫子供がいるのか結婚予定目前だった彼氏は裏切り略奪愛された?

松下由樹さんはテレビドラマ等で母親役を演じたりしていますが、私生活では結婚はされておらず、お子さんもいません。ただ、過去に音楽家でプロデューサーとしても活躍する小林武史さんとの“熱愛”が発覚した事があります。その関係は“結婚間近”と言われるも、数年で“破局”を迎えてしまいます。その原因は、小林武史さんが新しい恋人を作ってしまった“略奪愛”だと言われています。

小林武史さんは1996年に、自身が手掛けた音楽ユニット『My Little Lover』のボーカルであるAkkoさんとの結婚を発表されます。それ故に、Akkoさんが小林武史さんの“浮気相手”だったと言われています。しかしその後、小林武史さんが歌手の一青窈さんと“不倫”している事が発覚し、2008年にAKKOさんとも離婚します。“結婚”という幸せを迎える直前の“別れ”に遭遇した、松下由樹さんが受けたショックは相当大きかったのかもしれません。

けれども、その後はテレビドラマ「ナースのお仕事」シリーズ(フジテレビ)等の作品において、女優としての地位を確立させました。

松下由樹は小林武史と別れて正解?結婚観が素敵で独身生活を満喫中!

松下由樹さんは1992年に、音楽プロデューサーの小林武史さんとの“熱愛”が発覚します。お二人がバリ島旅行の帰りの飛行機にて、互いに隣りの席に座り、松下由樹さんが小林武史さんに膝枕をしている姿がスクープされた事がきっかけでした。このお二人の交際が始まったのは1987年であり、当時の松下由樹さんはNHKの音楽番組「ヤングスタジオ101」(1986~1988年)にダンサーとしてレギュラー出演されていました。

一方、小林武史さんは坂本龍一さんや井上陽水さんといった、多くのアーティストのサポーターとしての参加する等の活躍をされます。1987年には桑田佳祐さんの楽曲アレンジを務めた事が高く評価され、音楽プロデューサーとして名が知られる事となります。お二人の出会いの詳細や馴れ初めは公表されていませんが、互いに音楽関係の仕事をしていた事もあり、仕事の関係で出会ったと考えられます。

その後、このお二人の“熱愛”に関する後追い記事が出され、“二人は既に結婚直前、交際も3〜4年になる”という関係者からの証言も書かれました。小林武史さんは松下由樹さんとの“熱愛”を認めたうえ、松下由樹さんの所属事務所も“公私共にいいお付き合いをさせて頂いています”というコメントを発表されます。熱愛が発覚した翌1993年、小林武史さんは東京都世田谷区に1億5000万円の高級マンションを購入し、実家の両親にも松下由樹さんを紹介します。

両親ともに良好な関係を築き、“結婚秒読み“と言われていましたが、1995年に“破局”します。小林武史さんとの“破局”後、松下由樹さんは現在に至るまで独身を貫いています。以前、あるテレビ番組に出演された際に“結婚願望がない”“無料せずにしたい時にするのかな”と語られており、自身の“結婚”に対するイメージが沸かない様です。彼女の証言から、過去のトラウマを引きずっているかの様にも感じられます。しかし、その“傷”をはねのける様な活躍ぶりを感じられ、とても強い方なのかなと思えます。

スポンサーリンク




松下由樹は2022年現在太ったのか若い頃からの時系列画像で比較!体重20キロ増えた原因はリバウンドそれとも酒・加齢?

若い頃から第一線で活躍!

(出典:https://twitter.com/)

松下由樹さんは現在も女優として、第一線で活躍中ですが、最近“太った?”とか“老けた?”なんていう声が挙がっている様です。松下由樹さんは1983年にデビューし、彼女のキャリアをスタートさせます。当時の彼女は、身長:163㎝、体重:47㎏、スリーサイズ:85・58・85と、抜群のプロポーションを飾っており、グラビアにも度々登場する様になります。

(出典:http://dongabacho0429.blog.fc2.com)

そして女優としても、テレビドラマ「オイシーのが好き!」(1989年・TBS)で初主演を務める等、1980年代後半~1990年代にかけてのトレンディドラマ全盛期に多くの作品に出演。その確かな演技力と同時に、可愛らしい顔つきと細身の体形が視聴者に印象を残します。1996年から準主役で出演したドラマ「ナースのお仕事」(フジテレビ)は、2000年代にわたりシリーズ化される人気作となりました。

(出典:https://twitter.com/)

更には、時代劇「大奥〜第一章〜」(2004年・フジテレビ)では春日局(お福)という新たな役どころを演じます。

(出典:https://ticket-news.pia.jp/)

名実共にキャリアを踏まれた松下由樹さんでしたが、2000年代に入った頃からややふっくらし始めたのではと言われています。そして、2010年頃が“最も太ったのでは?”と言われており、年齢的(当時40代前半)な影響もあったのかな?とも考えられます。しかしその数年後、特番ドラマ「ナースのお仕事 再会編」(2014年・フジテレビ)出演時には、スマートな体形を披露されていました。

最近は、テレビドラマ「G線上のあなたと私」(2019年・TBS)や映画「お終活」(2021年)に出演と、順調に活動を継続中の松下由樹さんですが、再度体形ふっくらしていると言われています。ただ、出演作品によって体型がバラバラだったりします。

太った?

彼女が“太った?”事について、

◎お酒(松下由樹さんは“酒豪”と言われる程の酒好きとの事)
◎更年期(「更年期」は一般的に45~55歳と言われ、その影響ではとも言われている)
◎“温活”ダイエットのリバウンド(下記でも述べますが、松下由樹さんは“温活”ダイエットに成功したと言われましたが、そのリバウンドではないか?とも疑われている)等と、様々な理由が囁かれています。

ただ松下由樹さん自身、若い頃からむくみやすい体質だと語られているそうです。それ故に、様々な作品に出演する度に“太った”“痩せた”と話題になっている様です。

松下由樹は昔ダンスが得意だった?ダイエット方法が衝撃!

松下由樹さんは元々ダンスを得意とし、音楽番組でもダンサーとしても参加されていました。そして、そのスレンダーな体形がグラビアでも紹介されました。その後、女優として現在まで多くの作品に出演されているのはご存知の通りです。2000年代頃から体形がふっくらしたと言われますが、“温活”というダイエット方法を実践し成功さ
せたと語られました。

“温活”とは基礎体温を上げる為の健康法であり、基礎体温が上がる事により血の巡りが良くなり、肩こり、腰痛、胃腸、冷え性、胃腸等といった体の不調を改善する事ができます。松下由樹さん流の“温活”は、

◎入浴時に指先や足先をマッサージ
◎エアコンが効いている部屋ではレッグウォーマーを着用
◎生姜湯を飲み早寝する

等、無理なく続けられる方法です。こういった日々の積み重ねの努力が、松下由樹さんのエネルギー源になっていると思われます

松下由樹は結婚して夫子供いるのか太った?若い頃ダンス画像や昔のドラマについてまとめ

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.