ドラマ

two weeks 日本版のあらすじやキャストは?ネタバレ最終回や韓国オリジナルとの違いが絶妙!

投稿日:





韓国で人気爆発だったドラマ「two weeks」が、いよいよ日本版としてリメイクされます。あらすじやキャスト、そして最終回のネタバレはどのように変わってくるのか、大変興味深いですよね!そこで「two weeks」日本版ではあらすじやキャスト、最終回ネタバレが韓国オリジナルとどのように変わってくるのかを、色々な視点から考察してみました。

今すぐ「two weeks」(日本版)を見る事ができます
↓  ↓  ↓

two weeks(話題の韓国ドラマ)あらすじは心優しいチンピラ男の壮絶な2週間!

「two weeks」は韓国がオリジナル

日本版として放送される「two weeks」は、もともと韓国で大ヒットしたドラマです。そのあらすじもハラハラが連続の展開で、息もつかせず最終回まで見てしまう感じでした。日本版ではあらすじの変更はあるのか気になる所ですが、まずは韓国オリジナルのあらすじを振り返りましょう。

あらすじは?

孤独なチンピラ・テサンはかつての恋人・イネと再会し、8年前に自分との間に生まれた娘が白血病に罹っているのでドナー検査を依頼されます。テサンは自分の子供の存在に困惑しますが、実際に病院で娘のスジンと会った時から、愛おしさが沸き起こりました。そしてドナー検査を経て2週間後の骨髄移植手術が決定します。

悪徳実業家のイルソクは、かつてのテサンのボスでしたが国会議員・ソヒと麻薬密輸の準備を進めていた所を愛人・ミスクに知られ、殺害します。さらに濡れ衣をテサンに着せた為、テサンは警察に捕まってしまいました。テサンは護送中の事故に乗じて脱走し、テサンを3人の人物、事件の担当刑事・スンウ、検事・ジェギョン(ミスクをイルソクのスパイとして遣わしていた)、イルソクの雇った殺し屋・キムが追います。

そして、なぜイルソクが自分の命を狙うのかの理由がミスクから預かったデジカメにある事を知ったテサンは、無実を証明する鍵を探し出そうとするのでした。捜査が進む中でスンウはテサンの恋人・イネの存在を知り、ジェギョンはテサンの無実を掴みますが、手術の日は刻一刻と迫ってくるのでした・・・

two weeksネタバレ注意・ドン底男の逆襲は成功する?

あらすじを聞いただけでも日本版への期待が高まる「two weeks」ですが、ここではもう一歩踏み込んで重要なネタバレもご紹介しましょう。もちろんネタバレですので、知りたくない方は飛ばして頂く方が良いかもしれません。しかし日本版との違いを楽しむ、という意味では韓国オリジナルのネタバレを知っておいて損はないですよ。

筋金入りの悪党・イルソク

テサンはこれまで、ボスだったイルソクの身代わりとして服役しています。なぜなら従わなければ恋人のイネを殺すと脅されたからです。イルソクは愛人のミスクを殺害した時も、テサンを身代わりにする事を考えました。しかしミスクが持っているはずのデジカメをテサンが持っている事を知り、テサン殺害の為に殺し屋・キムを雇います。

スンウ刑事とイネの関係は?

テサンは娘のスジンのドナーである為、手術までは脱獄して絶対に生き抜く決心をしました。ミスクは検事・ジェギョンがイルソクのもとにスパイとして送り込んだ女性でしたが、テサンを愛してしまい証拠のデジカメを渡してしまっていました。事件担当刑事のスンウは「犯罪者に構成はあり得ない」と考えていてテサンの話は一切聞きません。さらに、8年前にテサンと別れたイネの婚約者だったのです。

ジェギョン検事の執念とは?

担当検事のジェギョンは、テサンが8年前に服役した事件の被害者の娘で、イルソク(とテサン)とソヒ議員の逮捕だけに執念を燃やします。事件関係者が複雑につながっている為、捜査が進むにつれてスンウ刑事もジェギョン検事も個人的感情が生まれてきます。イルソクは自分の保身のために暴走して失敗し、ソヒ議員は高飛びまでの時間稼ぎに余念がありません。

イルソクとソヒ議員の逮捕

そしてテサンはスンウ刑事とジェギョン検事の誤解を解いた後、イルソクとソヒ議員を罠にはめて逮捕にまで至ります。イルソクの雇った殺し屋・キムが、テサンの過去のボス・ハンの息子と判明する衝撃の事実もありました。そして、スジンの手術は無事に成功します。テサンはジェギョン検事のはからいで過去の前科を取り消してもらえました。

イネは再びテサンを待つ?

8年前のテサンとの別れが誤解によるものであった事を知ったイネは、スンウと話し合います。スンウはすでに身を引く決心をしていましたが、テサンもまた、今すぐイネと一緒になるのはあまりに早急と考えていたのです。イネも今のテサンには時間が必要である事を悟り、再び待つ日々を選択するのでした・・・

two weeks日本版リメイク最終回結末はどうなる?見どころを解説!

先ほどネタバレもご紹介した「two weeks」韓国オリジナルでは最終回まで16話ありましたが日本版は10話の為、省かれるシーンやあらすじが出てくると思われます。また、ドラマのキーとなる娘役のスジンですが、日本版のはなちゃん役に稲垣来泉さんが決定しました。稲垣さんは2017年のドラマ「砂の塔」のそらちゃん役でも存在感を発揮してくれましたので、今回の「two weeks」日本版の盛り上がりに一役買ってくれそうです。

あとは、韓国オリジナルでテサンとイネが出会うシーンで人魚のイネの胸をテサンが触るシーンとか、テサンが民家に助けてもらったりかくまわれるシーンは、日本版ではどうなるのかという所ですね。また、テサンが逃走中にアレルギーの海老を食べて体調を崩すシーンや友達を供養したりお産に立ち会うシーン、これらはテサンの性格の良さを表現するシーンでしたが、これらのあらすじも日本版でそのまま使われるのかも気になる所です。

さらに最終回ラストでは、韓国オリジナルは事件が解決しテサンの前科が消えましたが、イネはテサンともスジンとも一緒にはなりませんでした。この辺り、日本版の最終回でどう変わってくるのかも注目すべきと思います。

スポンサーリンク




two weeksドラマの感想は?

「two weeks」韓国オリジナルを最終回まで見た視聴者の、感激のレビューも届いています。

・two weeks完走🌸流石イジュンギsii👏🏻本当に素晴らしい俳優さんだと思います!飽きがこずドキドキハラハラする展開にとても面白かったです( ˆ ˆ )/♡脇役もよかった!リュスヨンsiiとパクハソンsiiがこのドラマをきっかけにご結婚されたんですね!とてもお似合いでした♡

・〈TWO WEEKS〉完走💞まだ余韻が残ってる😢命の尊さ、家族愛、信頼関係、責任、衣食住…いろんな角度から「生きる」と云う事を 描いたドラマかな…ハラハラした分 涙した😭💦早くいいパパとなって 戻って来てね😊💗ファイティン( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

TWO WEEKSキャスト(登場人物)キャラクターの日本版と韓国版を比較!

あらすじやネタバレは分かりましたが、「two weeks」韓国オリジナルと日本版でのキャストの違いにも注目したいですね。「えっ!あの人があんな役をやるの?」といったキャストの発見があるのも、リメイクドラマの醍醐味ですよね。

役名(韓国オリジナル) キャスト 役名(日本版) キャスト
チャン・テサン イ・ジュンギ 結城大地 三浦春馬
ソ・イネ パク・ハソン 青柳すみれ 比嘉愛未
ソ・シジン イ・チェミ はなちゃん 稲垣来泉
チョ・ソヒ キム・ヘオク 久我早穂子 黒木瞳
ムン・イルソク チョ・ミンギ 柴崎要 高嶋政伸
パク・ジェギョン キム・ソヨン 月島楓 芳根京子
オ・ミスク イム・セミ 柏木愛 立花恵理
イム・スンウ リョ・スヨン 有馬海忠 三浦貴大

 

two weeksドラマの相関図や放送情報は?

「two weeks」日本版第1回目の放送は2019年7月16日(火)です。キャストの相関図がこちらです。

(出典:https://www.ktv.jp)

(出典:https://www.ktv.jp)

two weeksドラマの原作やスタッフは?

原作:「TWO WEEKS」(脚本:ソ・ヒョンギョン、主演:イ・ジュンギ)

脚本:山浦雅大(「全力失踪」「亜人」)

プロデュース:岡光寛子(「ピロートーク ベッドの思惑」「だんらん」)、白石裕菜(「僕たちがやりました」「探偵が早すぎる」)、平部隆明(「忘却のサチコ」「1ページの恋」)

演出:本橋圭太(「健康で文化的な最低限度の生活」「民王」)、木内健人(「さくらの親子丼」「戦う!書店ガール」)

two weeksドラマの主題歌・オープニング・エンディング・サントラは?

主題歌:三浦春馬「Fight for your heart」

オープニング曲:04 Limited Sazabys「Montage」

サントラ:木村秀彬(「ブラックペアン」「小さな巨人」)

two weeks 日本版のあらすじやキャストは?ネタバレ最終回や韓国オリジナルとの違いまとめ

韓国オリジナルも感動的だっただけに、期待しかない「two weeks」日本版リメイクですが、三浦春馬さんをはじめキャストの布陣も素晴らしいですね。結末についても、すでに分かっている展開を何らかの形で裏切ってくてるかもしれませんので、この目で是非確認したいと思います(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-ドラマ

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.