スポーツ選手

清水希容はミス日本で結婚してるの?流派や高校を調べてみた!

投稿日:





女子空手選手の清水希容さんはなんとミス日本受賞者でもあるそうです。そして流派や出身高校・結婚願望なども気になりますね!そんな清水希容さんのミス日本受賞時の様子や空手の流派や出身小中高校大学・結婚願望についても調査してみました。

スポンサーリンク




清水希容(きよう)選手の身長血液型や学歴(出身小中高校大学)や空手の流派・段位などWiki風詳細プロフィールは?

(出典:https://hochi.news/)

空手女子形で東京五輪代表にも選ばれている清水希容さんは1993年12月7日生まれ、大阪府出身です。身長:160㎝、体重:57㎏、血液型:AB型。卒業した小学校は大阪市立住之江小学校で、小学校3年生の時に自身のお兄さんがされていた空手の稽古の見学に行き、そこの女性の先輩が形(かた)をやっている姿に惹かれ自分もやりたいと思ったのが空手を始めるきっかけでした。

またお兄さんが通われていた道場は、女性の先輩が多く入りやすそうだった事もあり、直ぐに入門されたとの事です。大阪市立真住中学校へ進学後は、道場での稽古に専念する為に部活動には入部されなかったそうですが、空手の稽古に打ち込んだ結果、中学3年生の時には全国大会3位となりました。その後、東大阪大学敬愛高等学校へ進学します。

こちらは“空手の強豪校”としても知られており、彼女も空手部へ入部します。2年生時のインターハイでは3位であり、もし優勝できなかったら空手を辞めるという覚悟で臨んだ3年生時のインターハイでは見事優勝を果たしました。2012年に高校卒業後、スポーツ推薦により関西大学文学部へ進学されます。そして同大学の空手道部にも入部しトレーニングを積み、大学2年生時の「全日本空手道選手権大会」にて史上最年少である20歳(当時)で優勝を果たして以降、2019年まで7連覇を達成されました。

清水希容さんが所属されるのは四大流派の一つである「糸東流」で、彼女は小学校三年生の時から「糸東流空手道養秀館」に通われていました。そして現在、清水希容さんの段位は三段です。今年2021年は、東京オリンピックに日本代表として採用され、選手村にてオンラインで記者会見を行い、優勝を目指してやって来たので、そこをしっかりと取る事と一番は自分を信じていい演武ができる様に頑張っていきたいと語られました。

清水希容はミス日本ですっぴん画像や私服姿も可愛い!彼氏や結婚願望は?


清水希容さんは2021年3月、都内で行われた『第53回ミス日本コンテスト2021』に出席し、『和田静郎特別顕彰ミス日本』を受賞されました。そのうえで、“頂いた賞に恥じない様に、世界中に日本の美しさや伝統を伝えていけるよう、精いっぱい精進して参ります”と喜びを語られました。また清水希容さんは、自分が最終的に目指すものは様式美で、生涯かけてシンプルで無駄のない動きにする事が本当の美しさであり、強さだと思っていると、空手における“究極の美”について述べられました。

そんな清水希容さんですが、普段はほぼすっぴんだそうで、しっかりとメイクをするのは休日や取材の時くらいだそうです。そんな彼女の自然体である笑顔は自身のインスタグラムにて拝見する事ができます。またインスタグラムでは、道着姿やトレーニングの動画だけでなく、可愛らしい(ボーイッシュともとれます)私服姿の画像もちらほらあります。

そんな清水希容さんには彼氏や結婚願望があるのかというと、現時点で彼女自身は独身であるうえ、以前2019年11月の記事では“結婚は全く考えていない、今は空手一本”とも答えておられたとの事です。

清水希容の父親や兄は空手経験者?母親は栄養管理の家族愛!

清水希容さんの父親も空手経験者だそうですが、かじった程度で直ぐにやめた後に始めた剣道は、現在も続けられているとの事です。清水希容さんも剣道の素振りから、空手で生かせる体の使い方といった、アドバイスを受けたそうです。そして相手に敬意を表す「武道精神」といったものも教えられてきたとの事です。また清水希容さんにとって、母親の存在が大きく生活面の管理や心のケアまで、自分を支えてくれたそうです。

そして食事面でも、しっかり勉強し栄養管理に力を入れたとの事です。清水希容さんは高校生の時はとても細身であり、また空手の日本一を目指していた事もあり、栄養の勉強をして目標に向けた清水希容さんのサポートをしてあげたそうです。母親が管理栄養士ではないかとも言われていますが、その詳細は明らかとなっていません。そんな家族の愛情があり、彼女の空手も向上したのではないでしょうか。

そして上記に述べた様に清水希容さんのお兄さんも、以前は空手をやっていたそうですが、今はやめているそうです。また、今は何をされているか、詳細についても明かされていません。また清水希容さんのインスタグラムでは、幼少期の清水希容さんとお兄さんとのツーショット写真が投稿されています。

スポンサーリンク




清水希容の化粧(アイライン)が気になる?マウスピースで美呼吸!

清水希容さんはとても顔立ちがハッキリとしており、すっぴんでも美人ですが、メディアに出る時はメイクをされている様です。そして彼女の化粧(アイライン)が気になるという声が一部である様です。清水希容さんの目元を見ると、確かに少し濃く見えるのかもしれませんが、実際メイクは簡単にしかされていないそうです。清水希容さん曰く、毎日練習がある故に、練習が無い日を除いて、きちんとメイクをしないとの事です。ただ最近は母親に言われる様になった故に、美容は気にする様になったそうです。

そして今年2021年7月、朝の情報番組「めざまし8」(フジテレビ)にて清水希容さんが2年前からマウスピースを装着して就寝している事が紹介されました。空手の形を行う際に、少し口が開き息が漏れる(舌先が歯に当たり「低位舌」になる事で気道が狭くなり、口呼吸になりやすくなる)事で減点になる可能性がある事から、特注のマウスピースを作ってもらったそうです。

他にも鼻呼吸を身に着ける為、ヨガのレッスンにも通われている様で、日々ストイックな行動を行われている様です。

清水希容のキレキレ美しいの形の動画や性格は?ライバル「サンドラ・サンチェス」も紹介!


清水希容さんは、自身の性格について“負けず嫌い”と自己分析されている様です。彼女は中学校の時から全国大会を意識する様になり、“負けたくない”という気持ちの中で勝負に挑んで来られてきた様です。また高校時代は自身の失敗を全て書いて同じ事を繰り返さない様にされていたそうです。他にもフィギュアスケート選手の羽生結弦さんや浅田真央さんの演技を見て彼等の手の動かし方や表現等を参考にされたそうです。

自分に厳しい一方で、周りのものを取り入れようとする柔軟な姿勢が、世界王者に選ばれた理由の一つではないでしょうか。

(出典:https://www.yomiuri.co.jp/)

そんな清水希容さんにも大きなライバルが現れます。スペイン出身のサンドラ・サンチェスです。現在39歳で、身長153㎝の小柄な体形から繰り出されるメリハリのある演武は大きく見えます。サンチェスは清水希容さんに対し“畳の上ではライバル。畳を去れば友達”と告げ、一方の清水希容さんも“サンドラがいるから、負けないと頑張れる”と告げ、12歳の年齢差がありつつも、互いにリスペクトし合っています。

サンチェスが空手を始めたのは4歳の時で、当時空手を習っていた2歳年上の兄が漫画「ドラゴンボール」の孫悟空みたいに強くなって自分に勝ってしまうと思い、空手を始めたいと思われたそうです。2018年の世界選手権の決勝にて清水希容さんを破ります。2019年9月のプレミアリーグ東京大会の決勝にて清水希容さん、サンドラ・サンチェス、互いに互いに得意の形である「チャタンヤラクーサンクー」を打ち合って、僅かの得点差で清水希容さんが勝利を獲得されました。

そして清水希容さん、サンドラ・サンチェス、共に東京オリンピックという大きな舞台へ立ち、最高の演武や勝負を行われる事が期待されるのではないでしょうか。因みにサンドラ・サンチェスもインスタグラムも開設しており、清水希容さんと並ぶ写真も投稿されています。

清水希容はミス日本で結婚してるの?流派や高校についてまとめ

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.