芸能人

宍戸錠の弟は俳優だった?若い頃のほっぺは整形なのか息子について調査!

投稿日:





日活映画の大スターだった宍戸錠さんの弟は、俳優だったといわれています。また、宍戸錠さんは若い頃にほっぺの整形を行った、息子と不仲などという説もあるようです。そこで、惜しまれて急逝された宍戸錠さんの弟は俳優だったのか、若い頃のほっぺ整形説や息子との不仲説などについても、調べてみました。

スポンサーリンク




宍戸錠の訃報

(出典:https://www.sponichi.co.jp/)

2020年1月21日に、俳優の宍戸錠さんの訃報が報道されました。86歳でした。警視庁などによれば、宍戸さんは都内の自宅で倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されたとの事です。大往生だったとは思いますが、死因が気になります。詳細が次第追記していきたいと思います。

宍戸錠の弟は郷鍈治で俳優?娘(長女)は宍戸史絵・息子(長男)は宍戸開・子供(次男)は宍戸表(ひょう)・妻は宍戸游子!

(出典:https://mytame.jp/)

宍戸錠さんの弟は、俳優の郷鍈治さんです。娘(長女)は宍戸史絵さんで、現在は『紫しえ』という名義でエッセーを執筆している エッセイストです。宍戸錠さんのマネージャーも務めていました。息子(長男)は俳優の宍戸開(カイ)さんです。武田信玄で俳優デビューし『食いしん坊バンザイ』のリポーターに親子二代でなった事は有名ですね。

宍戸錠さんの息子(次男)は、宍戸開さんのマネージャーである宍戸表(ひょう)さんです。宍戸開さんも宍戸表さんも本名で、3人の名前をつなぐ鍵を開けて表に出るという由来から、宍戸表さんと名付けられたそうです。宍戸錠さんの嫁は、元女優でエッセイストの宍戸游子(ゆうこ)さんです。

がんで77歳の時に亡くなられています。

宍戸錠の弟・郷鍈治の死因は肺がん?嫁(妻)ちあきなおみとの結婚と遺言・御墓参りでの感動エピソードについて

郷鍈治の嫁はちあきなおみ

宍戸錠さんの弟は俳優の郷鍈治さんですが、1937年に大阪府で生まれた郷鍈治さんは、幼い頃は戦時中だった事から、東北に疎開していた経験があるそうです。戦後に明治大学経営学部を卒業した郷鍈治さんは、兄の宍戸錠さんが所属していた日活で1960年に俳優デビューします。高身長でコワモテの風貌から、若い頃に悪役を中心に活躍しました。

プライベートでは、若い頃の歌手のちあきなおみさんの歌声に惚れ込んで婿入り結婚するなど、おしどり夫婦として話題になりました。1980年代にはちあきなおみさんを支える為に裏方に回り、芸能界からは引退。ちあきなおみさんの個人事務所の社長兼マネージャーを務めました。

そんな郷鍈治さんが、1992年に急逝します。郷鍈治さんの死をきっかけにして、ちあきなおみさんも芸能界を引退したといわれています。昭和の歌姫・ちあきなおみさんが引退するほどの影響を与えた郷鍈治さんの死因とは、一体何だったのでしょうか。1992年に、55歳という早すぎる死を迎えてしまった郷鍈治さんの死因は、肺がんといわれています。

郷鍈治さんが肺がんになった原因は、若い頃からのたばこの喫煙習慣によるものではないかとさされています。悪役をドラマなどで多数演じていた郷鍈治さんは、仕事でたばこを吸う機会や受動喫煙も多かったようです。

遺言・御墓参りでのエピソードとは?

宍戸錠さんの弟は郷鍈治さんですが、郷鍈治さんとちあきなおみさんは、宍戸錠さんの紹介で出会いました。1973年頃に知り合い、1978年には結婚を発表しました。郷鍈治さんが無くなって20年以上が経つ現在も、ちあきなおみさんは未だに郷鍈治さんの事を思い、命日とお彼岸には必ず墓参りに行くといいます。

さらに夫・郷鍈治さんのお墓の近くにマンションを購入して住んでいると言われています。そして、郷鍈治さんの遺言によると、ちあきなおみさんに「もう歌わなくていい」と伝えていたんだそうです。

宍戸錠の自宅が火事で家族と絶縁していたのは本当?名前や顔写真を探してみた!

それでは、宍戸錠さんの弟は郷鍈治さんですが、宍戸錠さんの嫁や子供(息子・娘)の画像をご紹介していきましょう。宍戸表さんは一般人のため画像は見つかりませんでした。

・宍戸史絵さん

(出典:https://sharelifestyle.info/)

・宍戸開さん

(出典:https://sharelifestyle.info/)

・宍戸游子さん

(出典:https://sharelifestyle.info/)

宍戸錠さんと宍戸開さんには不仲説があったようで、2010年に嫁の游子さんが亡くなられてから一人暮らしを続けていた自宅が、2013年の全焼火事の時も、息子の開さんの所に行ってもおかしくない訳ですが、錠さんは近所のラブホテルを転々としていたといいます。

スポンサーリンク




宍戸錠は日活「第1期ニューフェース」として豊頬でアンチヒーローに?タフガイ「エースのジョー」と呼ばれる!

(出典:https://buhitter.com/)

宍戸錠さんの弟は郷鍈治さんという俳優でしたが、宍戸錠さんももちろん、若い頃からスター俳優として大活躍しました。宍戸錠さんは5歳の時、父親が事業に成功して東京滝野川に移り住み、裕福な幼少時代を過ごしますが、小学6年生の時に東京大空襲で宮城県白石市に疎開。高校卒業まで過ごしたそうです。

その後大学2年生の1954年、日活の新人俳優募集に応募すると、見事8000人の応募者の中から、オーディションに合格しました。宍戸さんは大学を中退し、「第1期ニューフェース」として日活に入所したのです。翌年の1955年には「警察日記」で映画デビューを果たし、年内に7本もの映画に2枚目役で出演したのですが、アメリカ映画の悪役主人公に憧れ、整形を考えました。そしてついに1956年、顔に迫力を出すために、ほっぺの豊頬(ほうきょう)手術を受け、悪役に転身したのです。

その後、宍戸さんはそれまでの日本映画になかった、新しいタイプのタフでハードボイルドな役柄を数多く演じる事で、人気爆発。映画「早射ち野郎」で演じた役名、「エースのジョー」が愛称となり、タフガイのイメージが定着していきます。

宍戸錠と鈴木清順監督の関係は?テレビ業界へ!

そんな宍戸錠さんは、鈴木清順監督の作品でも、数多く主演を務めていましたが、1967年「殺しの烙印」で、その難解さゆえに日活の社長の逆鱗に触れ、鈴木監督は解雇。以降、約10年ほど、映画の仕事ができなくなってしまう鈴木監督に、宍戸さんはラジオ番組出演でのギャラを渡すなど、経済面を支えていたといいます。

2011年当時、宍戸さんは「そろそろまた2人で映画で暴れようかって話をしているよ。」と、コメントしていましたが、その願いが叶うことなく、2017年、鈴木監督は亡くなられています。さて、映画界で唯一無二の俳優として活躍された宍戸さん、映画界が斜陽期を迎えると、テレビ業界へと活動の場を移行していきました。

テレビドラマや1969年頃には、バラエティ番組、「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」への出演や、「なんでもやりまショー」の司会、1970年からは「元祖どっきりカメラ」、1982年には、「くいしん坊!万才」のレポーターという具合に、幅広く柔軟に活動していきます。

宍戸錠は整形手術で悪役を勝ち取ったほっぺ摘出で萎んだ?Twitterやネットの反応を聞いてみた!

宍戸錠さんといえば「ほっぺ」がトレードマークで、若い頃からの商売道具でもあった訳ですが、2001年3月、67歳の時にほっぺの『オルガノーゲン』を44年10ヶ月ぶりに摘出しました。その理由は「飽きた」から。しかし、ほっぺのオルガノーゲン摘出手術には大変なリスクが伴う為、家族(特に息子の開さん)は大反対。それでも宍戸さんは手術を決行し、ほっぺのオルガノーゲンを除去したのです。

(出典:https://www.excite.co.jp/)

宍戸錠の生年月日や身長などプロフィールは?若い頃の画像は(頬)にシリコンを入れていた!

(出典:https://dot.asahi.com/)

生年月日:1933年12月6日
出身地:大阪市北区
身長:174センチ、
血液型:B型
学歴:日本大学藝術学部演劇科(中退)

宍戸錠の弟は俳優だった?若い頃のほっぺは整形なのか息子についてまとめ

また1人、昭和の銀幕スターが亡くなられました。寂しく、残念でなりません・・・宍戸錠さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.