スポーツ選手

本田圭佑は昔の顔と変わった?子供三人目の性別名前を調査!

更新日:


次回のワールドカップ不出場を発表した本田圭佑選手の顔が、昔の顔と違うと言われています。原因は何かあるのでしょうか?また、三人目の子供については、色々な噂が流れているようです。そこで、今回は本田圭佑選手の顔は本当に、昔と違うのか、三人目の子供に関する噂は本当なのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク




本田圭佑は昔の顔と変わった?顔の変化は目の病気かバセドウ病説を調査!

今や日本を代表するサッカー選手といっても過言でない、本田圭佑選手ですが「昔の顔と変わった」という声があります。特に近年、目の病気やバセドウ病の噂がネット上で囁かれています。これは本田圭佑選手に、眼球突出と見られる症状があるからです。眼球突出といっても、素人目には病的なものか、遺伝的なものかはわかりません。

眼球突出が病的だった場合は、目の病気というより、全身の病気である可能性があります。そこで噂になっているのが“バセドウ病”です。この“バセドウ病”とは、身体の殆どの組織に影響を及ぼす、“甲状腺ホルモン”の分泌が過剰になる病気です。“甲状腺ホルモン”過剰になると、肉体だけでなく精神にも様々な影響を及ぼします。

本田圭佑選手が“バセドウ病”だと決めつけた意見も見られますが、本当に“バセドウ病”なのでしょうか。“バセドウ病”の症状であるめまい、息切れ、重度の疲労感は、日常生活に支障をきたすほどだと言われています。本田圭佑選手が“バセドウ病”を患っているなら、重度の疲労感を抱えながら、海外チームに在籍し、日本代表としてもプレーしているということになります。

もし維持と根性でプレーしていたとしましょう。“バセドウ病”は極度のストレスを抱えるため、精神面でもコミュニケーションが上手く出来なくなったり、鬱になることもあります。チームプレーには、大きな影響を及ぼし兼ねません。試合直後にインタビューに答えるなど、“バセドウ病”なら体力的にも精神的にも、ほぼ不可能です。

何より、この病は心臓の活動が上がるため、頻脈や高血圧、意識障害といった症状が現れます。激しい運動をするなど、心臓に負荷がかかりすぎると、最悪の場合には心房細動を起こすこともあります。これらの症状から、重症化すると死に至る危険な病といえます。そんな選手を、チームがプレーさせるでしょうか。

入団時の健康チェックで、断られてしまうのではないでしょうか。2014年頃、本田圭佑選手の首に、テープが貼られていたことがあります。 テープを貼らなくなってからは、そこに傷痕が。“バセドウ病”の手術箇所と近かったことも、噂に拍車をかけたようです。“バセドウ病”の手術とは、甲状腺の一部を残して、切除する方法です。

甲状腺を切除することで甲状腺ホルモンの量を調整するのです。他の治療法より早く完治し、再発も少ないのですが、入院が必要となります。また今度は、甲状腺の機能が低下する“橋本病”になることが多いので、その場合は通常の“橋本病”と同じ甲状腺ホルモン薬を、術後は服用し続けることになります。

この“橋本病”も薬を服用していないと起こる症状も、“バセドウ病”と同じ、日常生活に支障をきたすほどの息切れや、極度の疲労感に見舞われます。なお再発した場合、再手術は行なわず、薬治療や放射線治療の一種であるアイソトープ(放射線ヨード)治療などに切り替えます。
両目の眼球突出は、“バセドウ病”の特徴的な症状のひとつです。

しかし、複視や視力障害が起こってきます。サッカー選手が、世界の第一線で活躍出来るかどうかは疑問です。確かに昔の顔と比べたら、特に疲れた時などは眼球が突出しているように見えるかもしれません。けれど“バセドウ病”の眼球突出は、日常生活でもわかるほどです。
本田圭佑選手はそこまでひどいでしょうか。

あわせて上瞼もひどく腫れるのですが、本田圭佑選手はその症状はありません。昔の顔と比べても、上瞼はかわりないように思います。これらの症状から、本田圭佑選手が“バセドウ病”ではないと断言はできませんが、かなり信憑性は低いと思われます。

本田圭佑の子供三人目は男の子?養子の噂の真相調査!

本田圭佑選手には、子供が3人います。2012年秋に第一子男児が誕生。2014年12月に、第二子の女児が誕生しています。そして2016年9月に、三人目となる第三子の男児したそうですが、なぜかこの3人目だけ、養子の噂が出てしまいました。本田圭佑選手は、極力プライベートを非公開にしているので、“三人目養子説”が出てしまうのも、仕方がないかもしれません。

むしろ、“三人目養子説”が出るような社会だからこそ、子供の情報を非公開にしているといってもいいでしょう。それにしても、本人が知ったら傷つくような噂がどうして流れたのでしょうか。2014年12月に第二子が誕生してから、第三子が誕生するのが2016年9月と短すぎると思った人が、子供は養子じゃないかと言い出したようです。

地震の被災地に寄付をしたり、サッカーボールを寄付、「Notice of Honda災害支援基金」を設立するなど、社会貢献にも積極的に参加している本田圭佑選手だけに、子供が養子もあり得ると思った人もいたのかもしれないですね。前の出産から1年9ヵ月あいての出産は、何の不思議もありません。“三人目養子説”の根拠は全くない、“デマ”の可能性が高いと、言ってもいいのではないでしょうか。

本田圭佑は甲状腺の病気だった?手術した病院を調査!

本田圭佑選手は2014年、イタリア・セリエAの強豪チーム『ACミラン』に移籍する直前、甲状腺の手術をしたと噂されています。それは、喉にしばらくテープが貼られ、そこが傷痕になっていたからです。手術の痕だといわれればそう見えますが、単なる切り傷といわれてもわからないような程度です。

これがもし、甲状腺手術の痕だったとすると、どこの病院にかかっていたのでしょう。

一番に名前の挙がるのは、大分県にある『野口病院』です。ここは“バセドウ病”で活動を休止していた歌手の絢香さんが、治療していた病院なのだそうです。そのため、まず名前が挙がるようです。『野口病院』での本田圭佑選手の目撃情報や、繋がりは不明です。

次に名前の挙がるのは、東京にある『伊藤病院』です。ここは甲状腺の専門病院で、大分県よりは通院しやすいという理由だけのようです。

次に名前が挙がっているのが、順天堂病院です。甲状腺の専門医もいます。この病院の名前は、近くで本田圭佑選手を見たという目撃情報からです。

本人かどうかも定かではないのですが、他のケガなどで診察に来ていたり、お見舞いであっても、関係なく噂されてしまうのですね。他に名前の挙がる病院は、現在のところありません。本当に甲状腺で、受診しているのなら、診察室で一緒になったという人の声が出てくるのを、待つしかないでしょうね。

本田圭佑の目がおかしいと言われる理由はレーシック失敗?目の変化を画像比較

本田圭佑選手の目がおかしいとは、いつから噂されるようになったのでしょう。『名古屋グランパスエイト』時代の昔の顔と、最近の写真を比べると、激変しているようにも見えます。『名古屋グランパスエイト』に入団したのは、高校卒業後2005年のこと。海外に移籍したのが10年前、2008年でした。

(出典:http://本田圭佑名言.jp)

本田圭佑選手の目は若いころに比べて、変わっているようにもみえます。

(出典:https://sports.yahoo.co.jp)

子供から大人へと、普通の人でも変わる年代に、海外で一流選手たちと切磋琢磨してきたのです。ある日突然に、目が腫れているというわけではなく、徐々に変化してきたので、言われるまで気付かなかった人も多いのではないでしょうか。噂を受けてか本田圭佑選手は、レーシック手術を受けたことを公表しています。

レーシック手術は、目に疾患があればできません。なので昔の顔とかわったのは、レーシック手術が失敗したからではないかと言われるようになったようです。本田圭佑選手はレーシック手術について、失敗どころかやってよかったとコメントしています。レーシック手術の後遺症は、ドライアイが一般的だといわれています。

失敗例も、吐き気や目の痛みなど、外見からはわからないものばかりです。目がおかしく見えるのと、レーシック手術とは関係ないようですね。

本田圭佑の首の傷はバセドウ病の手術痕?完治するのか調査!

(出典:https://dot.asahi.com)

本田圭佑選手の首にある傷痕は、“バセドウ病”の手術痕だという可能性は、これまでのパフォーマンスからは感じられないですね。でも“バセドウ病”だったと仮定した場合、完治するのかは気になりますよね。結論からいえば、完治は難しいようです。とはいっても、女性の場合は出産も可能です。

処方薬の摂取が、不可欠ではあります。手術をした場合、今度は甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなる“橋本病”になる可能性が高いからです。現在の医学では、完治は難しくても、重症化を防ぎ、日常生活が支障なく過ごせるようには改善できるようになりました。けれど、プロフェッショナルなサッカー選手として、世界で活躍できる心身が保てるかは皆無でしょうね・・・

スポンサーリンク




本田圭佑の子供は何人?一人目長男と二人目長女の名前や情報を調査!

2008年に結婚した本田圭佑選手。お相手は、高校時代から交際していた、同い年の元保育園勤務の美沙子さんです。2012年秋頃に、男児が誕生しました。子供を抱いて、マスコミの前に現れた本田圭佑選手の姿が、話題になりましたね。2014年12月には女児が誕生、2016年9月には男児が誕生しています。

プロフェッショナルな本田圭佑選手は、シーズン中はサッカーに集中したいからとの理由で、マスコミに発表したのは時間が経ってこらです。長男を抱いてマスコミの前に出たのは一度だけ。以来、写真も名前も伏せられています。本田圭佑選手の子供に対する考え方は「社会からの預かり物」なんだそうです。

「サッカーに集中させてもらっているので、育児やっているお父さん方には申し訳ないくらい何もやってない」と語る本田圭佑選手。こういうことをいうパパさんは、実はやっていることが多いようです。「皆さんに貢献し、喜んでもらえるような立派な大人に育てたいですね」社会から預かっている子供だから、貢献できるような子にしたいとは、世界で活躍している本田圭佑選手だからこそ言えることですね。

とても視野の広い、懐の大きい愛情たっぷりに子供を育てているのが伝わります。本田圭佑選手の子供として、世間からの注目を浴びないように、大切に育てたいという親心なのでしょう。両親が離婚し、祖父母に育てられたという本田圭佑選手なので、家族を守りたい気持ちは人一倍強いのかもしれないですね。

本田圭佑の嫁は元保育士で馴れ初めは?美人だけど性格悪い噂と卒アルを調査!

(出典:http://buzz-press.com)

本田圭佑選手は奥さんの美沙子さんと、2005年に出会いました。お互い、高校3年の時です。当時、本田圭佑選手は星稜高校でしたが、美沙子さんは別の高校で、サッカー部のマネージャーをしていたそうです。練習試合で美沙子さんに一目惚れした本田圭佑選手は、その試合でゴールを決めて、即告白したそうです。

これは有名なエピソードですね。本田圭佑選手は『名古屋グランパスエイト』に入団、美沙子さんは進学し、保育士になりますが、22歳で結婚しました。本田圭佑選手は「常に一緒に戦ってくれている」と、美沙子さんが精神的に支えになっていることを公言しています。美沙子さんの写真として、ネットで見られる写真は、卒業アルバムのもので、アイドルのようで可愛いと評判です。

でもこの写真は、女優の本田翼さんの写真で美沙子さんではありません。誰かが間違えたのでしょうね。とはいえ、美沙子さんはしっかり者の印象のある美人です。可愛い系ではなく、しっかり系な上に、本田圭佑選手のとんがったイメージが重なって、美沙子さんも怖い、性格が悪いというイメージを持たれているようです。

ワールドカップブラジル大会で、本田圭佑選手一家は他の選手たちから離れ、家族団らんの時間を持ったのですが、これが非難の対象になりました。さらに大久保嘉人選手のお母さんが挨拶をしたのに、美沙子さんが無視したという話が週刊誌に掲載されました。美沙子さんの性格が悪いと言われる決定的要因として、これらの出来事が語られるようです。

世間的には、チームがまとまっていなかったといわれるブラジル大会なので、誰かを戦犯にしたかったのかもしれませんね。理由も状況も真偽も、何もわからないのにバッシングされるのです。時には怖く見られてしまうのも、回りがそうさせてしまったのかもしれません。世界を舞台にプレーする本田圭佑選手の奥さんのハートは、本田圭佑選手並みに強くないと、子供たちを守り育てていくことは出来ないだろうと感じました。そして、美沙子さんはそれが出来る、最高の奥さんなのでしょうね。

本田圭佑のプロフィールはこちら

(出典:http://www.hochi.co.jp)

まず改めて本田圭佑選手のプロフィールを、ざっとおさらいしてみましょう。

*本田 圭佑(ホンダ ケイスケ)
*1986年6月13日生
*出身地 : 大阪府摂津市
*学歴
鳥飼さつき園卒園
摂津市立鳥飼北小学校卒業
摂津市立第四中学校卒業
星稜高校(石川県)卒業
*身長 : 182cm
*体重 : 74kg
*ポジション : FW / MF
*利き足 : 左足
*在籍チーム
1994-1998 : 摂津フットボールクラブ
1999-2001 : ガンバ大阪ジュニアユース
2002-2004 : 星稜高校
2005-2007 : 名古屋グランパス
2008-2009 : VVVフェンロー(オランダ・1部リーグ)
2010-2013 : CSKAモスクワ(ロシア・プレミアリーグ)
2014-2017 : ACミラン(イタリア・セリエA)
2017-2018 : CFパチューカ(リーガMX)
*代表歴
2002 : 日本 U-17
2005 : 日本 U-20
2006-2008 : 日本 U-23
2008- : 日本
*クラブタイトル
『VVVフェンロー』
2008-09 : エールステ・ディヴィジ
『PFC CSKAモスクワ』
2012-13 : ロシア・プレミアリーグ
2010-11 : ロシア・カップ
2012-13 : ロシア・カップ
2013 : ロシア・スーパーカップ
『ACミラン』
2016 : スーペルコッパ・イタリアーナ
*日本代表タイトル
2011 : AFCアジアカップ
2009 : キリンカップ
2011 : キリンカップ
*個人タイトル
2008-09 : エールステ・ディヴィジ MVP
2010 :日本年間最優秀選手賞(フットボーラー・オブ・ザ・イヤー)
2011 : AFCアジアカップ MVP
2013 : ブラジルW杯アジア最終予選 トヨタ・トップ・ゴール・スコアラー
2015-16 : 第21回“ジェントルマン・アワード”ミラン・ベストゴール賞
2016 : ファーストペンギンアワード(初代受賞者)

2012年5月、本田圭佑選手がプロデュースするサッカースクール「SOLTILO FAMILIA」開校。2015年8月19日には、本田圭佑選手のマネジメント会社『HONDA ESTILO 株式会社』がSOLTILO FCのユース、ジュニアユースを新設することを発表しました。2016年6月22日、国連財閥の教育事業である「グローバル・アドボケイト・フォー・ユース」に任命されます。

また、アメリカのマサチューセッツ工科大学メディアラボの特別研究員に日本人として初めて就任しました。本田圭佑選手は、ピッチの外でも活躍しているのがわかりますね。ワールドカップロシア大会が終わった今、本田圭佑選手の今後の動きから目が離せませんね。

本田圭佑は昔の顔と変わった?子供三人目の性別名前についてまとめ

本田圭佑が昔の顔と変わっているというのは、確かに否定できないかも知れませんが、バセドウ病なのかは、情報が錯綜していて断言できないんですね。また三人目の子供の養子の噂も、結局はガセでしたので、受け手側の私たちが情報をきちんと見極める必要はありそうですね。

スポンサーリンク




関連記事
本田圭佑の嫁は金沢西高校の卒アルがヤバい?馴れ初めを調査!

本田圭佑はバセドウ病を野口病院で治療した?発表理由を調査!

名良橋晃の嫁の画像を調査!息子はサッカー選手?

-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.