未分類

南海トラフ地震はいつ来るのか2019最新予言は?被害想定を兵庫県と大阪府で考察

投稿日:





ここ何年かは南海トラフ地震がいつか、最新だと2019年中に起きるという予言も言われています。そうなると、特に兵庫県や大阪府などの被害想定も気になりますね。南海トラフ地震は最新だといつ起きるのか2019年内の可能性や予言について、また兵庫県と大阪府の被害想定はどのようになっているのかも調査しました。

スポンサーリンク




Contents

南海トラフ地震いつ来るのか2019年中の巨大地震を示唆する予言が続々!富士山も噴火し首都直下地震も2020年までに?

2018年中の南海トラフ地震発生を示唆する予言はノストラダムスを始め数々ありますが、最新となるとビジネスコンサルタント松原照子さんのブログの中で、富士山噴火について触れています。2015年6月21日付で『312と云う数字の意味は不明だが、富士山噴火は何十年も先の話とは思えない』という趣旨の記載があります。

2019年中に南海トラフ地震が発生するとは書いてないのですが、312という数字が気になりますね。前回最新の富士山の噴火は、1707年の宝永大噴火でした。それに312年を足すと、2019年になりますね・・・また、松原照子さんのブログの中では2013年7月9日の取材に対して、首都直下地震について『南関東も7年間は気をつけた方がよい』『南海トラフ地震、富士山噴火、関東の大地震の3つが一緒にやってくるという気がしてならない』といった趣旨の記載があります。

当時2013年から7年ですから、2020年までに起きるかもという事でしょうか。また最新予言では南海トラフ巨大地震・富士山噴火・首都直下地震が同時に来るという絶望的な見解になっていますね。

南海トラフ巨大地震いつ来るのか70%~80%?松原照子氏は『不思議な世界の方々』から未来の話が聞ける!

松原照子さんは、『不思議な世界の方々』と呼ぶ存在から、未来の話を聞けるという特殊な能力を持っていて、幼少時からその能力が備わっているようです。そして2005年からブログにて『見える』・『感じる』・『聞こえる』事などを発信しています。では、予言ではなくデータ上ではどうなのでしょうか。

政府の地震本部の2019年までの最新の見解によりますと、南海トラフ地震で想定されるM8~9の巨大地震が今後30年以内に発生する確率は、これまで『70%程度』だったのが、2018年の公表では『70%~80%』に引き上げられました。特に大阪府や兵庫県など近畿地方の人にとっては、予断を許さない状況と言えます。

南海トラフ地震いつ来るのか東日本大震災の的中で一躍有名に!首都直下地震は30年以内に約70%~80%?

松原照子さんが一躍有名になったのが、東日本大震災に関する予言です。東日本大震災の約1か月前の2011年2月16日の記事では、東北の県名を挙げ、『書かずにはおれない』と大地震が起きる事を連想させるような文脈となっています。再び政府の地震本部によりますと、首都圏の地下で発生するマグニチュード(M)7.0クラスの地震は、30年以内に約70%という最新のデータがあります。

南海トラフ大地震いつ来るのか最新予言はペルーの地震から数か月以内に起こる?トカナではこの法則を『環太平洋対角線の法則』と紹介!

2019年5月26日16時41分頃に、南米西部を震源とするM8.0の地震が発生しました。そして、ネットでは最新のある噂が囁かれています。それが『大地震の法則』というもので、過去には東日本大震災・熊本地震の前に南半球で大地震が発生して、そのため数か月以内の2019年に日本で巨大地震が起こるのではないか、という説のようです。

地震予知やUFO、不思議科学、世界遺産、オカルトなどのニュースを配信しているサイト「トカナ」ではこの法則を『環太平洋対角線の法則』としています。その法則とは、南半球で地震が起こると半年以内に、その対角線上で地震が起こるという法則のようです。南海トラフ地震はいつ起きてもおかしくない、という事でしょうか・・・

スポンサーリンク




南海トラフ大地震いつ来るのか東日本大震災と同クラスのM9という説も?日本で『首都直下地震『千島海溝沖超巨大地震』『日向灘』辺りか!

一体いつ起こるのか緊張の高まっている南海トラフ地震ですが、最新(直近)の南海トラフ地震がM8クラスだった事で、最新(前回)の地震ではエネルギーを解放しきっておらず、次の『南海トラフ地震』に向かって、すでに多くのひずみエネルギーを溜めているといわれています。ですから、次の『南海トラフ地震』は、東日本大震災と同クラスのM9程度と考えているようです。

日本で巨大地震がいつ来るかについては、30年以内に発生する確率の高い所で『南海トラフ地震』・『千島海溝沖超巨大地震』・『首都直下地震』・『日向灘』辺りかもしれません。立命館大学環太平洋文明研究センターの高橋学教授の見解では、データを客観的に見る限り南海トラフ地震はいつ起きるのかについて、1~2年以内に起きると考えるのが妥当なようです。

さらに、2020年の東京五輪までに『スーパー南海地震』が発生する可能性が高いともいわれています。

南海トラフ大地震いつ来るのか立命館大学の高橋学教授は茨城・千葉・栃木・群馬東部・埼玉などでM6.5以上の可能性も?気象庁によると日時と場所を特定した地震予知はデマ!

2019年5月25日に起こった千葉県南部の地震について高橋教授は、東日本大震災の南端の動き残りが動いた可能性があるが、動ききっていないのえ茨城や千葉・群馬東部・栃木・埼玉などでM6.5以上の地震が発生の可能性があるという指摘をしました。気象庁によれば、一般に日時と場所(大阪府・兵庫県など)を特定する地震予知する情報や予言はデマのようです。

そして過度に心配する必要はないものの、日本は地震国であるので日ごろから地震に対する備えをするよう、呼びかけています。

南海トラフ大地震いつ来るのか現在のところ発生の可能性は高まっていないが発表なしに発生することはある?動物の地震予知・地震雲も科学的な根拠はなし!

では、結局のところ南海トラフ地震はいつ起こるのか、という疑問に対して南海トラフ地震発生前に、必ずしも異常な現象が観測されるとは限らない」のえすね。そのため、気象庁が南海トラフ地震関連の情報を発表しなくても、南海トラフ地震が発生することはあり得る、という結論になります。

ですので、動物が地震発生前に普段と違う行動をとる現象についても、動植物は地震以外の理由によっても通常と異なる行動・反応をする場合があるので、科学的に説明できていない状況としています。地震雲についても雲は大気の現象、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象のため、地震雲が地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態というのが気象庁の見解です。

南海トラフ地震の被害想定・兵庫県と大阪府は?いつ来ても良いように防災グッズを備えておこう!

大阪府は南海トラフ地震の対策として

・液状化による被害想定
・揺れによる被害想定
・津波による被害想定
・地震火災による被害想定
・火災による被害想定
。急傾斜地崩壊による被害想定

などの点から発表しています⇒詳しくはこちらをクリック

そして兵庫県も南海トラフ地震の対策として

・津波による被害想定
・建物への被害想定
・生活への被害想定

などの点から発表しています⇒詳しくはこちらをクリック

もし南海トラフ地震が発生すれば、大阪府や兵庫県は最も被害の大きい地域の内の1つに入ると思われますので、被害想定・対策はしておきたいものですね。

南海トラフ地震はいつ来るのか2019最新予言は?被害想定の兵庫県と大阪府についてまとめ

大阪府や兵庫県などの近畿地方に限らず、地震の被害はいつ何時襲ってくるか分かりません。「まだ大丈夫だろう」と楽観視するのではなく、すぐにでも起こることを想定して生活を営んでいくようにしたいものですね。

スポンサーリンク




関連記事



-未分類

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.