スポーツ選手

吉田輝星の母親の職業は何?画像も探してみた!

更新日:


大注目の高校生ピッチャー・吉田輝星投手の母親の職業や画像を知りたいと、連日話題になっています。あれだけの大選手を育てた母親はどんな人なのか、確かにかなり気になります。そこで今回は、吉田輝星投手の母親の職業や画像、また父親や兄弟についても調べてみました。

スポンサーリンク




吉田輝星の母親の職業は何でどんな人?料理の腕前を検証

2018年夏の甲子園で大活躍だった、金足農業(秋田)の吉田輝星投手。母親はどのような人なんでしょうか。吉田輝星投手の母親はメディアへの露出が一切ないため。インタビューの情報が少しある程度なんです(><)名前をまゆみさんといい、現在41歳です。母親のまゆみさんは秋田県で吉田輝星投手とその父親の正樹さんと、祖父の理正さんと暮らしています。

吉田輝星投手は遠征などはあるものの、生活は地元の秋田県が拠点であり実家暮らしです。毎日朝5時に学校へ行き夜9時過ぎに帰ってくる吉田投手の生活をサポートしていたのは、母親のまゆみさんでしょう。吉田投手は下半身強化に2018年春に取り組んでいて、太ももがパンパンになり、しゃがむたびにパンツが破れたそうです。

母親のまゆみさんは「今年になって何回パンツを買いかえたか分からない」とインタビューで答えていました。それほど、吉田輝星投手の野球への取り組みは、妥協ない壮絶なものだったことが分かります。家ではゴロゴロとスマホをいじっているような吉田投手だそうですが、母親のまゆみさんのサポートのもと、外ではストイックに野球に取り組んでいたのですね!

そんなまゆみさんの職業についてですが、正確な情報がある訳ではありません。祖父の理正さんが梨農家ですので、手伝っている可能性もありますね。職業はパートで働いているのかもしれませんが、吉田投手をサポートするために職業には就かず専業主婦だった可能性もありますね。そして甲子園で準優勝して秋田に凱旋した吉田投手、家に帰って食べたのは『白ごはんと肉』だったそうです。

吉田投手は豚のタンが大好物で、毎日まゆみさんにせがんでいたそうです。丼飯2杯と納豆はかかさなかったそうですよ。雪道を長靴で何時間もマラソンして、食事で肉を摂って下半身の強化を行っていったのですね。吉田投手は、ホテルの食事もおいしかったけどまゆみさんの手料理は別格だったそうです。母親の味と言うのは、やっぱりそれほどいいものなんですよね(^^)

吉田輝星の母親の顔画像はある?

吉田輝星投手の母親のまゆみさんの顔画像についてですが、テレビに出るのは父親の正樹さんと祖父の理正さんですので、まゆみさんは顔画像を写されるのは拒否していたんではないでしょうか。でも吉田投手はイケメンですから、まゆみさんはきっとそのDNAを持っているでしょうね!

吉田輝星の父親は金足農業OBで職業は何?

吉田輝星投手の父親は吉田正樹さん、2018年で42歳です。正樹さんも金足農業野球部OBなんです。正樹さんが高校2年と3年の時、秋田県大会の決勝に出場しています。ポジションは吉田輝星投手と同じくピッチャーで2年の時はベンチ入りできず、3年生でベンチ入り出来ましたが、正樹さんの出場機会はありませんでした。

現在は父母会長を務めていて、母校の金足農業や息子の輝星投手の為に奔走しています。輝星投手が小学1年の時から頼まれてキャッチボールをしていたそうです。正樹さんの職業は現在会社員をしています。職業詳細は分からないのですが、まだまだ働き盛りですからバリバリ働いているのが想像できます!

金足農業野球部の現在の監督は中泉豊一監督ですが、45歳で金足農業野球部OBつまり、正樹さんの先輩です。金足農業は1984年の夏の全国大会でベスト8まで勝ち進みましたが、当時の監督が中泉監督の1つ前の嶋崎久美監督でした。正樹さんと中泉監督は、嶋崎監督のもとで野球をしていたんです。

1984年は桑田真澄さんと清原和博さんを擁するPL学園と対戦しました。中泉監督は嶋崎監督の教えを受け継いで、金足農業を今のように強くしたんですね!

吉田輝星は中学時代もイケメンだった?彼女がいるのか調査!

(出典:https://athleterecipe.com)

2018年夏の大会での対横浜戦では自己最速タイの150キロをマークした吉田投手!侍ジャパンのU-18代表選手では責任を感じてしまいましたが、その活躍ぶりから、すでにプロ球団も注目しています。吉田投手の『中学時代』はどうだったんでしょう?やっぱり、現在の様にスゴイ選手だったんじゃないでしょうか。

中学校時代は地元・潟上市立天王中学校で軟式野球をやってたんですね~有名選手というのだいたい、リトルリーグ~シニアといった流れで野球をしているのですが、吉田投手は違ったようです!ですから、中学から高校になってボールが『硬球』に変わったことで吉田投手は苦労したようです。

最初の頃は変化球が思い通りにいかず、悩んでる時期もあったんですね。ボールの力の入れ方も変わって。ですが現在の吉田投手はそのプレーだけでなく、“イケメンぶり”にも注目が集まっているようです!確かにイケメンなのですが、甲子園に出場している選手のほとんどが、年齢より大人っぽいですね。 吉田投手も、20代前半の感じがします。

やはりそれだけ、色々な経験値を積むからなんだろうな~と思います。吉田投手の中学時代の顔画像までは見つけることが出来なかったのですが、きっとイケメンだったでしょう。そして気になるのが『熱愛彼女』の存在ですね!今のところ吉田投手の彼女情報は無いのですが、金農の甲子園準優勝という記録を打ち立てた中心的人物ですから、、学校内ではスターになって女子は放っとかないでしょう。

このままプロ入りの可能性も十分にあり得るわけですから『将来、吉田投手の嫁になりたい!』という女子は金農だけでなく、秋田県中の女子高生が狙っているのでは?

スポンサーリンク




吉田輝星の家族兄弟プロフィールは?弟が可愛すぎて兄を超える才能!

(出典:https://number.bunshun.jp)

ここで、吉田輝星投手のプロフィールを見てみましょう。

生年月日  2001年1月12日
身長    176㎝
体重    81キロ
出身    秋田県秋田市
所属    金足農業高等学校
投打    右投右打
ポジション 投手

吉田選手のは名前の『読み方』ですが、“輝星”と“こうせい”と読むんですね。名前の由来は、吉田投手の父親・正樹さんがシドニー五輪柔道で金メダリストの井上康生選手のファンだったことから『輝星』と命名したそうです。ちなみに吉田投手は仲間内では“ヨッシー”と呼ばれているそうですよ。

吉田投手が野球を始めたのは小学1年生の時で、正樹さんを無理やり連れ出すほどキャッチボールにハマっていたとか!小学3年生の時に地元秋田の野球チーム“天王ヴィクトリーズ”に入団し、現在の投手というポジションは小学4年生の後半くらいから務め出したそうです。

(出典:https://www.asahi.com)

甲子園では、吉田投手の弟の大輝君も応援に来ていて、画像を見てネット上でも『兄思い』『かわいい』という声も多かったです。大輝君も野球をやっていてピッチャーで、小学5年生ですでに、球速100kmを超えているそうですよ!

吉田輝星の歯が白いのはマウスピースだから?

吉田輝星投手は、画像でも異様に白すぎる『歯』にも注目されていました!黒く日焼けしただけあって、その白すぎな歯にはやたらと目を惹かれてしまいましたね。ネットでも『白すぎ』『驚きの白さ』『輝いている』と言われていました。ですが実はコレ、『マウスピース』なんだそうです。

野球選手だけでなく、スポーツ選手は『歯』を大事にしている人が多いです。踏ん張るときや力を入れるときに歯を食いしばり、歯が欠けたり、ボロボロになってしまう選手が多いからなんだそうです。実際、吉田投手も以前に歯が欠けてしまったことがあったようで、それからマウスピースを着用するようになったようですね。

普段はピンクや紫のマウスピースを使用しているみたいですが、大会規定によって夏の大会では白色のマウスピースを着用していたので、吉田投手の『歯が白すぎる』噂が広まったんだとか。

吉田輝星の進路はどうなる?プレー動画がヤバい!

2018年夏の甲子園準優勝の吉田輝星選手は現在、ドラフトナンバーワンとの呼び声も高いので、今後の進路が気になるところですね。やはり広島やヤクルトなど、様々な球団関係者からの評判もかなり高いです。ドラフト会議に大注目ですね(^^)

そして吉田投手と言えば、あの『侍ポーズ』!ここでは動画をご覧頂きましょう。

吉田輝星の母親の職業は何?画像についてまとめ

『侍ポーズ』と圧巻のプレーで日本中の注目を集めた吉田輝星投手。ドラフトが楽しみですが、ケガなどないよう十分に注意してプレーしていってもらいたいですね!

スポンサーリンク





関連記事
根尾昂に彼女はいる?ガム噛んでる噂や身長出身中学を調査!

柿木蓮読み方や最速何kmなのか気になる!ヤンキーの噂は本当なのか出身中学は?

藤原恭大は性格もイケメン!彼女がインスタに登場?

-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.