芸能人

井之脇海は帝一の國に出演してた?ごちそうさんの画像が気になる!

投稿日:





「ごちそうさん」で人気を博した実力派俳優の井之脇海さん、実は映画「帝一の國」にも出ていたのです!画像が見てみたいですね。そこで、本当は「帝一の國」に出演していた井之脇海さんの、NHKドラマ「ごちそうさん」での画像はないのか、探してみることにしました!

スポンサーリンク




井之脇海は帝一の國(生徒会選挙映画)に出演してた?印象的なCM(午後の紅茶のかわいい男子高校生役・パスコの音楽青年役)で話題の注目俳優!

2017年に公開され大ヒットした映画『帝一の國』は、主役を演じる菅田将暉さんを始め、大人気のイケメン俳優陣がキャストに名を連ねていましたね。今、最も話題の若手俳優である井乃脇海さんも出演していましたね。日本一の超名門エリート校・海帝高校で全校生徒のあこがれの的である、カリスマ生徒会長の堂山圭吾を支える副会長・古賀平八郎が井乃脇海さんの役どころでした。

井乃脇海さんといえば、ヘッドフォンをした女子高生役の上白石萌歌さんが、歌を歌う『午後の紅茶』のCMで男子高校生役として出演していましたね。あの爽やかな男子高校生と、『帝一の國』の古賀平八郎を演じていたのが、同一人物だったとは…と、驚きの声もあるようです。

また『PASCO』のCMでは、移動式店舗で店主役の深津絵里さんからカレーサンドを買う音楽青年役でも出演していましたよね。メガネをかけた音楽青年は、純粋で素朴な雰囲気が漂い『午後の紅茶』や『帝一の國』で見せたのとは違う、別の井乃脇海さんを見たような印象すらあります。

『帝一の國』古賀平八郎役での井乃脇海さんは、取り立てて注目されませんでした。ですから今話題になっているのも、井乃脇海ファンにすれば“世間が遅い!”と感じていることでしょう。

井乃脇海さん出演『帝一の國』の記事はこちら→帝一の國 動画をdailymotionより安全に無料視聴する方法

井之脇海は「ごちそうさん」(画像あり)「ひよっこ」に出演でNHK朝ドラの顔だった!「義母と娘のブルース」では上白石萌歌との再共演が話題?

NHKの朝ドラは根強い人気ですが、井乃脇海さんは大ヒットした『ごちそうさん』と『ひよっこ』の両方に出演していました。ちょうど『帝一の國』が公開された時に、『ひよっこ』は放映されてましたね。有村架純さんが演じる、みね子が東京で暮らしていた乙女寮で、コーラス部を指導していた音楽家志望の高島雄大を、井乃脇海さんが好演していました。

有村架純さんの記事はこちら→有村架純お 嬢様_酵素でダイエット?インスタar動画がヤバい!

もともと音楽一家に育った井乃脇海さんには、コーラス部を指導する高島雄大は実は適役だったのではないでしょうか。『ごちそうさん』では杏さん演じる、め以子の弟・卯野照生役で出演していました。

(出典:https://matome.naver.jp)

『ごちそうさん』の画像では、コック帽をかぶっていますが、2013年の制作だけあって、井乃脇海さんは現役の高校生。

(出典:http://www.siesta-tokyo.com)

コック帽をとった画像も丸刈りで、なんとも初々しさが“弟感”に溢れていて、かわいいとすら思えます。画像だけ見ても、ハマり役だとわかりますね。この井乃脇海さんが、改めて注目される大きなきっかけが、TBS系列で2018年夏ドラマ枠で放映されている『義母と娘のブルース』の黒田大樹役です。

小学生時代、みゆきのクラスメイトでしたが、9年後に再会します。宮本みゆき役は上白石萌歌さん。『午後の紅茶』のCMに出演し、爽やかでほっこりしていた2人が、また見られるとあって、ネットはザワザワしています。黒田大樹役の井乃脇海さんが、爽やか過ぎる好青年で、さらにネットはザワザワ。

ネットの反応を意識してのキャスティングかと、勘ぐりたくなってしまうほどです。子役からバトンタッチすると、イメージがかわったなどと否定的な声も多いのですが、この2人はクセや話し方など徹底して役作りをしたのでしょうか。視聴者の違和感が最小限のスムーズな“成長”も、ネットがザワつく一因かもしれませんね。

井之脇海は2回目の大河ドラマ「おんな城主 直虎」でも大注目だった?菅田将暉と共演!

井乃脇海さんはNHKの大河ドラマに、2012年『平清盛』平維盛、2017年『おんな城主 直虎』小野万福(亥之助)を演じています。朝ドラや大河ドラマに続けて出演していますが、NHKがよく起用する俳優は、演技力に確かな信頼があるからだとも言われています。2017年、井乃脇海さんは朝ドラと大河ドラマの両方に出演しています。

さらにBSプレミアムでも、『謎解きLIVE』に出演。安定の演技力で、頭角を現してきたのがわかりますね。『おんな城主 直虎』では、井伊直政(万千代)を菅田将暉さんが演じていました。菅田将暉さんとは、映画『帝一の國』や『あゝ、荒野』で共演。

井之脇海さん出演『あゝ、荒野』の記事はこちら→「あゝ、荒野」動画をpandoraより安全に観る方法!

2010年のドラマ『ハンマーセッション』、2013年の朝ドラ『ごちそうさん』でも共演していて、それも話題になっていますよね。『おんな城主 直虎』撮影初日に、もっとお互いの距離を近づけようということで、焼き肉を食べに行ったのだそうです。2人きりで、役のことや万千代・万福の関係性、そしてプライベートのことまで、話に花を咲かせたそうです。

井乃脇海さんは、菅田将暉さんとのことをインタビューで答えています。

「僕も菅田くんも結構ストイックにいろいろ考えてから現場に行くタイプ。でもリハで初めて芝居を合わせたときに、違和感を持つことももちろんあるんです。そのときに“ここはこうしない?”ってちゃんとコミュニケーションがとり合える。距離感も遠すぎず近すぎず、それでいて信頼関係がある。無我夢中でお互い学びながらやっていけるいい関係性です」

“いい関係性”と答えられるような相手と、一緒に仕事をできるなんて、井乃脇海さんは共演者にも恵まれていますよね。『おんな城主 直虎』では、万福は万千代と共に、草履番から小姓として家康に仕えます。万福と万千代との掛け合いは、“名コンビ”とも言われましたが、いい関係性が築けていたからこそなのでしょうね。

菅田将暉さんの記事はこちら→菅田将暉の彼女は能年玲奈?本田翼や菜々緒じゃないのか調べてみた!

スポンサーリンク




井之脇海は天てれMAX(隼人役)卒業生だった?ピアノが得意なのか調べてみた!

(出典:https://www.pinterest.fr)

NHKの人気番組『天才てれびくんMAX』に、井乃脇海さんが隼人役として出演していたと有名ですが、井乃脇海さんがインタビューで答えています。

「僕が『天才てれびくん』に出ていたことがひとり歩きしているようなのですが、正確には、あの番組内のドラマに出演しただけで、それも1日しか撮影に関わってないんです。ときどき「元てれび戦士」と勘違いされるので、『天才てれびくん』のスタッフの方にも申し訳なくて。声を大にして“違います!”と言いたいです(笑)。」

だから、卒業生ではないんですね。映画『トウキョウソナタ』で、ピアノ少年の役を演じた井乃脇海さんには、音楽一家の血が流れています。母方の祖父は作曲家であり、箏曲家の宮城道雄の弟子。祖母は琴の生田流師範です。母方のおじは、東京交響楽団のフルート奏者。そのため劇団ひまわりに所属しながら、情操教育としてピアノを習っていたそうです。

とはいっても、音楽大学付属中学を受験するピアノ少年の役です。12歳の井乃脇海さんは、週5でピアノ教室に通い、1日8時間の猛練習をしたそうです。「それくらいとても大事な役どころだったんです」この『トウキョウソナタ』で、キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞などを受賞した井乃脇海さん。まさに努力の賜物ですね。

井之脇海は大物俳優・香川照之に刺激を受けて人生を決めた?大学進学を後押しした人物!

映画『トウキョウソナタ』に出演したときに、役者でやっていく覚悟を決めたそうです。

「本気でものを作っていく大人たちを間近で見て、すごくカッコいいなと思ったし、とにかく現場が楽しくてハマってしまったんです。」

12才の少年が、役者をやっていこうと覚悟を決めた楽しい現場が気になってしまいますね。中でも、父親役をだった香川照之さんの背中を見ていたのが、大きかったんだそうです。また、香川照之さんからの“ちゃんと大学は出ておいたほうがいい”という言葉を肝に銘じ、このとき大学までの進学も決意したのだそうです。

「僕は香川さんとは違って東大には行けませんでしたが(笑)。でも中学以降はちゃんと芸能活動もできる学校に進んだし、学業7:仕事3とバランスをとりながら両立させていました」

『トウキョウソナタ』で香川照之さんと共演していなかったら、今の井乃脇海さんは見れなかったかもしれないのですね。

井之脇海のプロフィールとデビューからのキャリアを紹介!外国人や元野球選手に似てる?

(出典:https://thetv.jp)

ここで、井乃脇海さんのプロフィールです。

井之脇 海(いのわき かい)
1995年11月24日生まれ
神奈川県横須賀市出身
身長 : 177cm
血液型 : B型

所属事務所 : 劇団ひまわり → 砂岡事務所 → ユマニテ
(2016年7月28日より所属)
日出中学・高等学校の芸能コース卒業
日本大学藝術学部映画学科演技コース
尊敬する俳優 : 加瀬亮、染谷将太

横須賀の海の近くで生まれたため、海(かい)と名付けられたそうです。幼少期は、毎年夏に地域の祭りで神輿をかつぐことを楽しみにしていたそうです。

趣味 : 山登り
日本百名山制覇を目標に掲げているが、まだ10ほどしか登れていないらしい。

好きな酒 : ウイスキーのロック
よく聞く音楽 : フィッシュマンズ、Beatles、U2
好きな東京の駅 : 代官山
好きな本 : パウロ・コエーリョ『アルケミスト』
好きな香 : 桐箪笥の香り
好きな映画 : 『ポンヌフの恋人』
インタビューなどで好きな映画を聞かれると、毎回違うものを言ってしまうそうです

井乃脇海さんの、主な出演作品です
テレビドラマ
木曜時代劇 柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い(2006 NHK総合) 徳川家綱
受験の神様(2007 日本テレビ) 井田海
天才てれびくんMAX 天てれドラマ「巻き戻しライトにご用心!?」(2007 Eテレ) 隼人
四つの嘘(2008 テレビ朝日) 西尾明
松本清張生誕100年特別企画・疑惑(2009 テレビ朝日) 白川宗治
やつらは多分宇宙人!(2010 BSフジ) 寺野呂葉守
贖罪(2012 WOWOW) 高野幸司
大河ドラマ 平清盛(2012 NHK) 平維盛
連続テレビ小説(NHK)
ごちそうさん(2013 NHK) 卯野照生
土曜時代劇 忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜(2016 NHK) 村松政右衛門
大河ドラマ おんな城主 直虎(2017 NHK) 小野万福
ひよっこ(2017 NHK) 高島雄大
ドラマ・ミステリーズ〜カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊〜 「恋煩い」(2017 フジテレビ) 植田駿
宮沢賢治の食卓(2017 WOWOW) 宮沢清六
第41回制作テレビドラマ大賞「デッドフレイ〜青い殺意〜」(2018 NHK)主演・藤田直樹
青と僕(2018 フジテレビ) 主演・ぼく
義母と娘のブルース(2018 TBS) 黒田大樹

CM
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ小学講座 06夏の実力診断テスト篇(2006)
ソフトバンクモバイル ホワイト学割With家族 白戸家 定食屋篇(2010)
ガンホー・オンライン・エンターテイメント パズル&ドラゴンズ 晴れ、ときどきパズドラ篇(2013)
トヨタホーム ずっと、ここが、我が家。妻篇(2015)
LINE MUSIC シェア篇(2015)
Pasco 超熟 カレーサンド篇(2016)
キリンビバレッジ「午後の紅茶」
冬の限定CM「あいたいって、あたためたいだ。」篇(2016)
夏の限定CM「おちつけ、恋心。」篇(2017)
冬の限定CM「あいたいって、あたためたいだ。’17冬」篇(2017)
東芝ライフスタイル 「ピンときちゃった!」ライフスタイル SEASON2編(2017年)有浦ソータ 役

映画
夕凪の街 桜の国(2007公開)石川凪生(10歳時)
トウキョウソナタ(2008公開)佐々木健二
告白(2010公開)前川優真
わさお(2011公開)トモヤ
犬のおまわりさん てのひらワンコ3D(2011公開)天野はじめ
君へ。(2011公開)鈴木貴之
Another(2012公開)望月優矢
中学生円山(2013公開)下井の妻を殺害する少年
学校の怪談 呪いの言霊(2014公開)満夫
スイートプールサイド(2014公開)中山先輩
合葬(2015公開)咲
帝一の國(2017年公開)古賀平八郎
ホームラン(2017年公開)
密使と番人(2017公開)大二郎
海辺の生と死(2017公開)大坪
月子(2017公開)主演・タイチ(三浦透子とW主演)
あゝ、荒野前編(2017公開)ヒガキ
過ぎて行け、延滞10代(2017公開)主演・将也(堀春菜とW主演)
カレーライス Curry and Rice(2018公開)主演・満

主な受賞
第82回 キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞『トウキョウソナタ』
第23回 高崎映画祭 最優秀新人男優賞『トウキョウソナタ』

井乃脇海さんは、実績も十分ですよね。最近、井乃脇海さんが誰に似ているのかが話題になっていますね。ネットでは宮沢氷魚さん、近藤公園さん、加瀬亮さん、高良健吾さんとたくさんの名前があがっていますね。ほかにも、元読売ジャイアンツの仁志敏久さんや、韓国の歌手で俳優のソ・イングクさんなどの名前もあります。

(出典:https://www.asagei.com)

中でも加藤諒さんとは、写真を取り違えられたこともあるそうです。加藤諒さんも子役時代から活躍されていますよね。そんなに顔が似ているようには思わないので、子役出身が持っている雰囲気が似ているのかもしれないですね。

井之脇海の初監督作品が公開されていた!

2015年に井乃脇海さんが初監督、脚本、出演した自主映画作品『言葉のいらない愛』が、カンヌ映画祭 ショートフィルムコーナー部門で入選しているのをご存知でしょうか。この映画は、3年を経てようやく日本で公開の運びとなりました。役者としての知名度が、当時より高い今、改めて初監督作品が注目されることになったのですね。

大学で映画を学んでいた井乃脇海さん。

「自分で映画を作ろうと思ったのは、監督をはじめ演出側が何を求めているのか、もっと知りたいと思ったから。さらにいうと、台本をもらって演じて、撮影がクランクアップしたら自分も終わりというのが寂しくて。映画が生まれるところから人に届けられるところまで、全部知りたいと言う欲求があったんです」

それでカンヌ映画祭で入選する映画を撮ってしまえるなんて、すごい才能ですよね。井乃脇海さんは「映像が作るのも観るのも単純に楽しくて、死ぬまで一本でも多くの映像作品に関わりたい」と語っています。「僕が関わることで、作品がいい方向に向いたら幸せ」また、「いろいろなことにチャレンジしていきたい」とも話しています。

「いつかハリウッド映画には携わりたい」とも話す井乃脇海さんは、ウディ・アレン監督の作品に出るのが夢なんだそうですよ。

井之脇海はSNSが嫌い?『青と僕』ではドラマ初主演!

2017年現在、SNS等は怖いからという理由で一切していないらしい井乃脇海さん。映画『月子』で共演した三浦透子さんも、SNSは苦手だそうです。作品を宣伝するためにも、SNSを「しないといけないね」と2人で話していたそうですが、未だに開設されていません。所属事務所が強要しないということですね。

SNSは開設してほしい反面、炎上などのリスクもありますから、怖いというのも納得です。何気ない一言で仕事も信用も失うなら、開設しないのはいい選択かもしれませんね。以前、砂岡事務所に所属していたころは、アメーバブログを更新していたそうですが、こちらは事務所移籍に伴い、残念ながら削除されてしまいました。

井乃脇海さん個人はSNSを開設していなくても、SNSには井乃脇海さんがいっぱいです。井乃脇海さんが初主演した『青と僕』は、SNSにメイキング画像などがたくさんあがっています。この『青と僕』は、井乃脇海さん演じる日々仕事に追われる“ぼく”の元に、ある日突然、5年前に謎の死を遂げた親友の“あいつ”から、憎しみのこもったメールが届くところから始まります。

過去と現在が交錯しながら、突然亡くなってしまった親友の死の真相を探す青春ミステリードラマです。とはいえ、SNSが怖い井乃脇海さんが、憎しみのメールを受け取るなんて皮肉なドラマですね。

「連続ドラマ初主演が、この作品で本当に良かったです。まだまだ駆け出しの僕に主演の機会を与えてくださりとても感謝しています。一人でも多くの人に届くことを祈っています」

まだまだ駆け出しなんて、謙虚すぎる井乃脇海さんですが、どんどん役者としての輝きを増していくので、もう目が離せないですね。

井之脇海は帝一の國に出演してた?ごちそうさんの画像についてまとめ!

ストイックなところが菅田将暉さんの通じるところのある井乃脇海さん、音楽を真剣に学んでいただけあって表現力や情緒が並外れているんですね!2019年の出演作品もとても楽しみですし。今後も長く活躍してほしい俳優さんですね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.