スポーツ選手

林奎介の出身中学や高校は?ツイッターアカウントや名前の読み方調べてみた!

投稿日:


青山学院大の林奎介選手の出身中学や高校はどこでしょうか。林選手はお笑いが大好きなようで、自身のツイッターは笑いの要素満載です。そんな林奎介選手の出身中学や高校について調べてみるのと、ツイッターでの楽しい画像や動画をまとめてみました。

スポンサーリンク




林奎介の出身中学高校家族などwiki風経歴プロフィールは?母校日体大柏を調査!

(出典:https://topics.smt.docomo.ne.jp)

さっそく、林奎介選手のプロフィールをみていきましょう。

林 奎介(はやし けいすけ)
出身地 千葉県流山市
生年月日 1996年12月24日(22歳)
血液型 O
身長 175cm
体重 59kg
趣味 TVドラマ鑑賞 バスケ
好きな女性有名人 吉岡里帆
レース前のルーティン 心臓を叩く

林奎介選手の出身小中学校についてみていきましょう。出身小学校は柏市立柏第二小学校です。柏二小出身の有名人といえば、モンゴル人力士の大翔鵬清洋関がいます。そして出身中学は柏市立豊四季中学校です。実は林奎介選手の情報が圧倒的に少なく、幼少の頃やっていたスポーツとかいつ頃、小中学校でに陸上始めたのとか分かっていないのです。

林選手の育った千葉県東葛地方(松戸・我孫子・野田・柏・鎌ケ谷・流山)では、東葛地方にある全公立中学と一部私立中学が参加するという、東葛駅伝(東葛飾地方中学校駅伝競走大会)という駅伝大会が開催されます。林選手はきっと中学の頃から速かったはずなので、この大会に出ている可能性は高いでしょうが、調べても分かりませんでした。

ですが、その後いろいろと分かってきました。林奎介選手は中学時代はバスケットボールをやっていて、2年生の時に補欠といえ県大会3位になっています。バスケの部活を引退後に長距離を練習して、東葛駅伝に出場して柏日体高校からスカウトを受けたんだそうです。ですから、林選手が陸上を始めたのは中学生の終わりごろという事ですね。

そして林選手の出身高校は、柏日体高等学校です。柏日体高校は学校名が2016年04月から日本体育大学柏高等学校に変わっていますが、林選手が在学していた時は校名変更前なので、柏日体高校出身ということですね。日体大柏高校は近年スポーツに力を入れており、創部数年でレスリング部が強豪になったり、同じ市内にあるサッカーの柏レイソルと提携してたりしています。

柏日体高校(日体大柏)出身の有名人としては、ラグビー部で主将を務めたTRFのDJKOOさんや空手で全日本空手道選手権大会三連覇している植草歩選手、柏レイソル所属日本代表ゴールキーパーの中村航輔選手などがいます。駅伝競走部は男子女子共に強く、強豪ひしめく千葉県大会においても上位争いをしています。

林選手は自身のツイッターで、「帰省することが嬉しい」とかなり喜んでいますね。帰省が嬉しいとは、ご家族もきっと嬉しいことでしょう。帰省してすぐに家族や親戚と一緒に焼肉屋に行くのも嬉しいようですよ。ですからきっと、林選手とご家族はきっと仲が良いんだろうと思います。

林奎介のツイッターは今はやりの一発芸やボーリング動画がおもしろい可愛い?

林奎介選手はツイッターを開設(@kei_suke_0)していて、変顔の画像やボーリングの楽しい動画をアップしてくれています。また、ツイッターに関係なく林選手は、場を一瞬に笑いに変えられる笑いのセンスの持ち主のようです。その光景は部員から原監督までを一笑いの渦に落とし込みます。

サンシャイン池崎さんのネタを自分の自虐ネタを織り交ぜてみたり、映像の中では自身のことを毛むくじゃら男と叫んでいます。でも実際はそんなに毛深いわけではないみたいですよ。笑いのセンスも兼ね備えた林選手は、ツイッターの随所で面白い顔を披露するのが好きなようです。

高学歴で頭も良く、イケメンでお笑いもできるギャップが素敵な林選手。五輪の選考選手に選ばれてもおかしくない実力の林選手ですが、少しの合間もツイッターなどで笑いを提供したくてしかたないようです。ツイッターでの林奎介選手の変顔をまとめてみました!

林奎介は青山学院大学へ!フォームは?

そして青山学院大学へ進学した林奎介ですが、2018年箱根駅伝では解説の渡辺康幸さん(住友電工監督)が、林選手のフォームの解説をしていました。青山学院大を2016年に卒業した青学四天王の1人小椋裕介選手(ヤクルト)にフォームがそっくりで、腕を抱えながら地面に対して、力を押し込みその反発力をもらいながら走るフォームなんだそうです。

そして、青学にはこの走りをする選手が多いみたいですね。

林奎介の彼女はいる?

自分の彼女を公開している選手もいますが、林選手の彼女に関する情報はほとんど見当たりません。ただ2018年に青学は箱根駅伝で優勝したので、1月4日の日本テレビの情報番組「スッキリ」で、恒例の彼女いるかいないかを聞かれました。その時林選手は「(彼女は)いないです、いないです」と否定しましたので、それ以降に彼女が出来ていなければ林選手には現在、彼女はいないといえます。

スポンサーリンク




林奎介の記録は?

林奎介選手の自己ベスト記録が、こちらになります。

30km 1時間29分47秒 (2018) 学生歴代2位
ハーフ 1時間03分28秒 (2017)
10000m 28分40秒11 (2018)
5000m 13分57秒41 (2018)

また、2019年の箱根駅伝では、2年連続となる7区での区間賞を獲得する力走を見せてくれました。

林奎介のシューズは?

林選手愛用のシューズは、青山学院大学そして明治学院大学陸上競技部着用モデルの「adizero takumi sen boost 3」と思われます。

林奎介の卒業後の進路は?

林選手は大学卒業後は、GMOアスリーツへ進むことが決まっています。GMOアスリーツには2018年の福岡国際マラソンでMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を獲得した山岸宏貴選手や、惜しくも逃した橋本崚さ選手がいます。青山学院大学のOBも多く在籍していますので、人間関係面では問題ないでしょう。

青学主将の森田歩希選手と東大の近藤秀一選手が2019年入社予定です。

森田歩希選手の記事はこちら→森田歩希の走り方に注目!妹や父親・出身高校もスゴい?

林奎介坊主だったのはなぜ?

林奎介選手が以前坊主にした理由が、2017年に箱根駅伝エントリーされたけど結局出場できなかった為だそうです。それほど箱根駅伝に出場したいという強い気持ちがあった訳ですね。

林奎介の出身中学や高校は?ツイッターアカウントや名前の読み方についてまとめ

2019年の箱根駅伝では惜しくも優勝を逃し、5連覇と3大駅伝制覇の夢は散ってしまった青山学院ですが、林選手はこの悔しさを卒業後も生かして、活躍し続けてくれることでしょう。期待が膨らみますね(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.