芸能人

ガクトの生い立ちが韓国人?結婚写真や実家から調べてみた!

更新日:





ガクトさんはその生い立ちから、韓国人ではないかといわれています。また結婚歴があるようなので写真はあるのでしょうか。そして実家はお金持ちという噂があります。これらのことが気になりますので、ガクトさんの生い立ちは本当に韓国人なのか、また結婚写真の存在や実家の経済状況についても調べてみました。

スポンサーリンク




ガクトの生い立ちが韓国人?かっこいいミステリアスで可能性は低いのか検証

(出典:https://spice.eplus.jp)

かっこよくミステリアスなガクトさんですが、昔から韓国人説あるようです。その根拠の1つがガクトという名前が、学徒出陣を思わせるからだそう。それもガクトさん韓国人説を押しているようなんですね。そして2011年にガクトさんは韓国人のツイートに「独島は韓国の土地」と言うコメントをリツイートしたそうです。

そして、韓国語で「私も私ができることをしていこうと思っている。私たちは家族だ」というコメントを書いたそうです。知韓派として知られるガクトさんに、このころから韓国人のファンが急増したらしいのです。しかし、これは完全のデマのようです。件のコメントは東日本大震災に対してのものだったようです。

ではなぜガクトさんが韓国人の味方というイメージが出来たのでしょうか。その理由は、当時のガクトさんの恋人が韓国人だったからだそうです。SUGERという韓国のグループに所属していたICONIQ(韓国ではアユミという芸名)さんという人です。すでに2000年代のころから韓国でもライブをしていたガクトさん。

そのころから韓国人にもファンがいたんですね。ただ、ガクトさんの両親のどちらかが韓国籍と言う可能性は十分ありますが、憶測の域はでません。

ガクトの生い立ちが結婚写真や実家から分かった?波乱万丈で生きるか死ぬかだった!

ガクトさんの実家は、父親がトランペット奏者だったそうです。その影響もあり3歳からピアノを習わされました。ピアノというのはたしなむ程度ならそうでもないですが、本格的に習うとなればお金がかかります。ガクトさんのピアノの先生はかなり厳しかったようで、11歳でピアノをやめてしまいました。

親からピアノをやめて良いといわれるように、先生にかなり悪さをしたそうですよ。ガクトさんとしては当時は必死だったんでしょうね。普通の子供らしい生活がしたかったんじゃないでしょうか。実家はタンゴ、シャンソン、クラシックが流れていて、あまりにも裕福そうなので「マフィアでは?」とあらぬ噂が流れるほどだったそう。

ガクトさんの実家時代の生い立ちは甘える人の少ないさみしい生活だったのかもしれませんね。また、ガクトさんには結婚歴があるとの噂がありますので、後ほど見ていきましょう。

そしてガクトさんは幼い頃の実家時代に、沖縄の海で臨死体験をしたそうなのです。海水が口の中に入って死にそうになったのです。

ガクトの握手は韓国との親交で学んだ可能性?出身地は沖縄でなく滋賀県らしい!

ガクトさんの握手の仕方が変わっているそうなんです。以前「火曜サプライズ」に出演したときの事、飲食店の店主と握手の仕方が変わっていたそうです。その握手の仕方とは、右手の肘に左手を添えるというものでした。これは韓国式の握手なのだそうですそのためガクトさんは韓国人である、と言う人もいるとか。

でもこれだけじゃあ、噂の域を出ないと思います。しかしガクトさんは、韓国でもライブを行っています。韓国語も話せますし、中国語もできるようです。さらにアジア圏の言語に限らず、英語、フランス語もしゃべれます。韓国が好きな芸能人はけっこう多いようですので、韓国語を学ぶ時に韓国式の握手を身につけた可能性も高いです。

ガクトさんの出身が沖縄県というのはファンの間では有名な話ですが、その後恐らく青年期に、滋賀県に移住しようです。

スポンサーリンク




ガクトの年齢・出身地・学歴・母親兄弟家族など経歴プロフィールは?実家は金持ちなのか調査!

(出典:http://bunshun.jp)

ガクトさんの生い立ちやプロフィールを見てみましょう。

芸名:GACKT
生年月日:1973年7月4日(45歳)
出身地:沖縄県
出身中学:栗東市立栗東西中学校
出身高校:滋賀県立守山高校
出身大学:京都学園大学中退

ガクトさんは、1995年~1999年までMALICE MIZERの2代目ボーカルとして活動。脱退後は、ソロ活動はもちろんですが俳優・タレント業などもしています。母親についての情報は、調べましたがありませんでした。しかしガクトさんは音楽の英才教育を受けていますので、母親も音楽が好きまたは音楽関係の仕事をしていてもおかしくはないですね。

そして、ガクトさんには年の離れた姉と弟がいるみたいですね。写真はないもののガクトさんはお姉さんの事を「自分で言うのも何だけど綺麗」と言っています。ガクトさんの姉弟ですから、おそらく美形でしょうね。ガクトさんが弟さんについて言及している情報はないのですが、芸能関係ではなく普通の仕事についているとか。

そして先述の通り、ガクトさんの実家は経済的には周囲の人からマフィアと間違われるほどに、裕福だったんですね。

ガクト(芸名)の卒アルで本名(岡部学→大城学→大城ガクト)判明?画像が斜め横を向いてる理由を調査!

生い立ちやプライベートにが謎に包まれているミステリアスなガクトさんですが、ネットでは本名は「大城学(おおしろ さとる)」であると言われていました。ところがガクトさんの本名は「岡部学(おかべ さとる)」という説もあるのです。これは、ガクトさんが岡部姓で出生し、後に両親の離婚で母方の姓「大城」に変わったというのが理由のようです。

そして、あくまでも噂の範囲ですが、出生名の「学(さとる)」の読みを、後に「学(がく)」へと変えたという説もあります。ガクトというアーティスト名が、この読みに由来しているのではないかと言われています。さらに2017年-2018年、ガクトさんが仮想通貨ビジネスに新規参入した際、本名が「大城ガクト」であると公表しました。

ガクトさんの卒アル写真はなぜか斜め横を向いて写っていますが、その理由はガクトさんは当時から美意識が高く、少しでもかっこよく写真に写るためにそうしたんだとか。

ガクトさんの本名についての記事はこちら→ガクトの本名に韓国説?学歴出身校を調べてみた!

ガクトの収入源と2018年収は怪しいとの噂?精神疾患の真相について調べてみた!

セレブな生活ぶりが話題のガクトさん、その収入源が怪しいとも言われています。東日本大震災の時に義援金2億円を集めたと話題になりましたが、実際は4億円集めたと言われていて、差額の2億円の使途が問題となりました。ガクトさんは現在までCDシングル47枚とアルバム19枚をリリースしていて、男性ソロアーティストとしてはオリコンシングルTOP10獲得作品では日本で1位(2017年2月時点)です。

ですから、印税収入はスゴい事になると思います。さらに俳優、ライブ、声優、アクセサリープロデュース、映像配信の収入や仮想通貨などビジネスの収入もあります。数年前にはマレーシアに移住しましたし、収入はとんでもないと思います。順番に検証していきましょう。著作権収入については、歌手の円広志さんが1978年に「夢想花」を80万枚売り上げ、その印税収入は2015年に500万円だったとテレビで告白してました。印税収入は不良所得として凄いですね!

著作権収入についてはどうでしょうか。ガクトさんはデビュー以来、自分で作詞作曲して歌っています。そしてオリコンシングルチャートTOP10に43曲がランクインしていて、オリコン史上初の大記録だそうです。そのうえマリスミゼルの時の曲を合わせると50曲ほどです。年間1曲200万円の印税収入があると考えられます。

全曲合計すると200万円×50曲=1億円となります。というワケでガクトさんは、音楽著作権だけで年間1億円以上の収入があることになります。テレビ・イベント収入を考えてみましょう。ガクトさんの1時間番組のギャラは100万円~150万円程ではないでしょうか。根拠としてはトップ司会者が300万円、新人タレントが15万円という相場から推測されます。テレビに年30本出て、4,500万円。さらにコンサート等イベント収入が5,000万円と考えても1億円近く収入があると考えられます。

CMやビジネスの収入を考えてみますと、CM年1本として、5,000万円ほどの収入があると考えられます。ビジネスについては詳細は不明なのですが、不動産投資等も行ってる感じですし、クアラルンプールで会社も経営してたようです。それが仮に5,000万円として考えます。これらを合計したガクトさんの推定の2018年の年収は、合計3億円となります。

ガクトさんは事務所を自分で経営していますので、事務所の取り分=ガクトさんの取り分となります。税抜きで手取り2億円程と考えられます。でしたらクアラルンプールに5憶円の豪邸も買えますし、4千万円のランボルギーニも買えるでしょう。

ガクト(gackt)は著書『自白』寂しい生い立ち臨死体験や父親の職業を語った?結婚の可能性を調査!

ガクトさんは10才の時精神疾患のせいで周囲から異端児扱いされ、隔離病棟に入れられてしまった過去があります。幼少期を沖縄県で過ごしたガクトさんは海で溺れ、その時に死を悟った体験から、霊的な存在が見えるようになったそうです。幼少期の臨死体験で、現在の完璧主義・超ストイックなガクトさんが作り上げられてきたことが著書「自白」から分かります。トランペッターの父親との特殊な関係も語られていますね。

ガクトさんの父親は、自衛隊の音楽隊の指揮者兼トランぺッターだったようです。警察などの音楽隊は本業が警察で音楽はサブの仕事となりますが、自衛隊の音楽隊は本業が音楽隊でサブの仕事が自衛隊なんです。本業ですから、非常に自衛隊の音楽隊のレベルは高く、音大卒が当たり前のようです。

ガクトさんの父親のトランペット技術はかなりのものでありますね。そして自衛隊ということは国家公務員となりますので、給与は階級ごとに決められている国家公務員の俸給表に基づいた金額です。国家公務員の俸給表というのは一般企業の平均給与を参考としていますので、世間一般と比較して、抜群に給与が高いということはありません。

気になる結婚に関しては、ガクトさん本人はまったく予定がないそうです。好きな人と結婚という形を取らないままずっと一緒にいられることが理想のようです。

ガクト(GACKT)は現在の彼女が理想?元嫁との結婚・離婚・隠し子報道についてまとめてみた!

アイコニックさんとの熱愛発覚当時、報道陣からの問いかけに「付き合っているのかはちょっと、今度ベッドの上で聞いてみます」と返答したガクトさん。現在、本当に理想の彼女と交際しているなら、発覚しないよう慎重に付き合っているのかもしれませんね。ガクトさんは20歳のころに結婚歴があります。年上の韓国人女性で、3ヵ月ほどで離婚したそうですが、ガクトさん自身そのころは、男として背伸びしたい願望があったそうです。

あち、10年ほど前にガクトさんはTBSの深夜番組「ワンダフル」でアシスタントだったEさんと交際。しばらくしてEさんは妊娠しましたが「子供は認知しない」「日本から出て行く」という条件でガクトさんは生活の面倒を見ることになったそうです。現在Eさんは子供とカナダに住んでいるとのことです。結婚写真はあるのか探してみましたが、ガクトさんの結婚写真を見つけることはできませんでした。

ガクトさんの彼女についての記事はこちら→ガクトはインスタグラムの彼女とは破局?本名は判明したのか調査!

ガクトの豪邸は神秘的?

ガクトさんが住むマレーシア国のクアラルンプールの豪邸は、家の中に滝があるとか。それだけでなく、フィリピンにも10部屋ある家もあるそうです。乗っている車もランボルギーニですからね。

ガクトの生い立ちが韓国人?結婚写真や実家についてまとめ

生い立ち等は著書『自白』の中で明らかになりつつあるガクトさん。しかしそのストイックでミステリアスな魅力は年々増している気がします。着実に自分の道を歩き続けているガクトさんは、男として素晴らしいですし、これからも目が離せない存在ですね!

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.