芸能人

玉城デニーのスキャンダルって?選挙違反あったのか調べてみた!

更新日:


沖縄県知事選に出馬する玉城デニーさんにスキャンダルがあるのは、本当でしょうか。また選挙違反の疑いもあるそうです。辺野古基地移設問題が焦点となる今回の選挙で、玉城デニーさんにスキャンダルや選挙違反があったのか、調べてみました。

スポンサーリンク




玉城デニーのスキャンダル?

(出典:https://www.zakzak.co.jp)

さて、玉城デニーさんのスキャンダルというか、発言ですね「沖縄を一国二制度にして関税を0にして消費税も0に」という発言が話題になりました。かなり理想に近い左翼像といわれています。沖縄の人は素直、といわれます。『明日晴れるといいよね?』『うん、そうだ』という具合なんですね。

『基地無い方がいいよね?』と聞かれたら、周囲や環境考えずに『うん、そうだ』と言うから、そういう結果になっていると。360日晴れが続いて農作物が枯れ果ててから、ようやく『明日が晴れた方が本当にいいのかな』と疑念を持つという感じだそうです。ですから、スキャンダルというか、玉城デニーさんのように、特に左翼の意見は、極端で過激で先鋭的な方が理解しやすくなるという訳です。

玉城デニーさんのスキャンダルな意見なら『消費税が0になるならイイ!』という人は、相当数出るのではないでしょうか。同じような事を言い続けてる玉城デニーさんが当選しているのは、その証拠ですね。スキャンダルな左翼の意見は『だれでも理解できるほど端的で極端である』方が、わかりやすいからいいという事ですね。

玉城デニーさんのスキャンダル発言に保守層が『何を言ってる、売国奴』と反論するのは意味がないのでしょうか。むしろ反論してる姿に、保守層が品の無いように見えるようですね。玉城デニーさんは沖縄3区で当選した衆院議員ですから、知事選に立候補するということは、国会議員を辞職する事になりますので沖縄3区も選挙となります。

玉城デニーさんは小選挙区で2014年、2017年と連続勝利をしていますから、沖縄3区では強い存在です。その玉城さんが沖縄3区からいなくなるということは、自民にとっては願ったりかなったりです。もし自民候補がスキャンダルなどで落選しても、ダメモトですから悪影響はほとんどないといえます。

『ひやみかちうまんちゅの会』が、玉城デニーさんの公式特設サイトですね。翁長知事の意思を継いで、新時代沖縄にふさわしく平和で、誇りある豊かさを持つ沖縄県づくりを目指しているという事です。

今回の沖縄県知事選、衆院補選は、自公推薦候補が勝つ可能性が高いといわれています。といいますのは、

・オール沖縄は大手ホテル「かりゆし」グループが脱退してしまったので、自主投票。つまり基礎票が大きく減ってしまったのです。

・オール沖縄は、連続して今年行なわれた大きな選挙で負けています。
名護市長選挙  自公候補・渡具知さんの勝利   オール沖縄の負け
石垣市長選挙  自公候補・中山さんの勝利    オール沖縄の負け
沖縄市長選挙  自公候補・桑江さんの勝利    オール沖縄の負け

・前回沖縄知事選では自民候補が負けましたが、公明、維新は自主投票でした。
今回は自公推薦ですので、維新も自民推薦候補を支持・支援します。沖縄知事選にかける公明党の本気度というのは凄く、ゲンダイも取り上げるほどの真剣度となっています。

・前回の知事選は保守候補が分裂しましたが、保守系候補が一本化
今回は保守系候補が自公推薦の佐喜眞 淳さんに一本化されています。前回は、仲井間さんと下地幹夫さんに分裂したことで、保守惨敗の原因となりました。

・下地幹夫さんも自民候補を支持の方向
前回の知事選に立候補し、約7万票を取った下地幹夫さんも自民候補を支持・支援する方向するため、この下地効果は大きいです。(下地さんは現在は維新所属で、辺野古への基地移設に賛成しています)

これらの事を考えれば、今回の沖縄県知事選は自公候補が勝利する可能性が高いといえます。そして衆院補選もその流れとなるでしょう。

スポンサーリンク




玉城デニーの選挙違反とは?

(出典:https://news.nifty.com)

玉城デニーさんの選挙違反とは、何があったのでしょう?これは絶対まずいでしょう!それは、沖縄県庁内に玉城デニーさんの選挙ポスターが貼られていたことが発覚し、大問題に発展したのですね。沖縄県庁に玉城デニーさんのポスターが貼られていたということは、「公職選挙法違反の疑い」として自民が調査要求したわけです。

選挙違反として問題になったのが、法令で定められた掲示板でのみ掲示が認められているという、玉城デニーさんのポスターです。そのポ、スターが県庁12階の空手振興課前の掲示板に貼られていました。自民党の調査に対して、全水道沖縄県企業局水道労働組合の事務局員が掲示を認めました。

ほかにも選挙違反として、県庁内にある沖縄県職員労働組合の複数の掲示板に、玉城デニーさんの写真と「DENNY NIGHT」というイベントのポスターも貼られていました。どのポスターも、県選挙管理委員会が公職選挙法に抵触(違反)する恐れがあると指摘し、20日に掲示が取りやめられています。

沖縄県庁の配置は、南側12階に空手振興課と組合事務所があります。 ですので、間違いなく公職選挙法違反(第百三十六条の二、公務員等の地位利用による選挙運動の禁止)や地方公務員法違反(第三十六条、政治的行為の制限)に当たる犯罪行為になります。これまで沖縄県では、こうした選挙違反がかなり野放しにされて来ました。

これを機会に選挙管理委員会が、本気で取締りを強化していかなければ、不正行為をやった者勝ちという、選挙違反の応酬を招くだけでしょう。玉城デニーさん陣営による公職選挙法違反は醜いと、告示前からいわれていますね。民家の壁・電柱・日本共産党支部前など、許可されない場所へのポスターの掲示や街頭での、許可されない場所でののぼりの掲示です。

玉城デニーさんと共産党の違反が、告知日以降も惨過ぎるといわれています。それだけでなく、SNSでは玉城デニーさんを応援するサイトによる、極めて悪質な印象操作がはびこっているため、一般の国民から非難を浴びているということです。安室奈美恵さんを利用した玉城さん陣営の印象操作ツイートなどですね(現在は削除されています)。

亡くなった翁長前知事や引退した安室奈美恵さんを、なりふり構わず利用する姿は、あまりにも見苦しいとの声が挙がっています。今回の選挙の最大の争点は、辺野古基地移設問題だと言われていますが、本当の争点はなんと言っても、日本の安全保障の要となる「沖縄の平和と安全」をどう守っていくかという問題でしょう。

辺野古基地建設に反対の立場をとる玉城デニーさんですが、「基地を作ったら絶対平和にはならない。平和のためには国家間の約束と信頼関係が必要」という考えですね。ただし日々繰り返される中国(シナ)公船による領海侵犯など、 現在が有事の状態であることは、自明の理です。本来ならば、領海侵犯や違法操業を発見すれば、軍隊が直ちに出動し撃沈するのが普通なんですね。

玉城デニーのスキャンダルって?選挙違反についてまとめ

「沖縄の平和と安全」は「日本の平和と安全」と言い換えられます。今回の選書は、日本中が沖縄の行く末を見守っているといえますね!

スポンサーリンク




関連記事
安倍晋三は家系図上では韓国人?兄弟や先祖一族を調査!

高円宮絢子様の婚約者はどんな人?家系図を調査!

-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.