ドラマ

娼年 映画の動画はフルにパンドラで視聴出来る?

更新日:


映画「娼年」のフル動画見ようと思ったらあなたは、パンドラなどの無料動画配信サイトを利用しますか?でもちょっと待って下さい!パンドラなどの無料動画配信サイトで映画「娼年」のフル動画を見るのは、意外な落とし穴があります。下手するとPCが壊れてしまいますので、ここではもっと安全確実な方法をご紹介したいと思います。

「娼年」が見られるのでクリックしてください!
↓    ↓    ↓
「娼年」を観る!

娼年 映画の動画はフルにパンドラで視聴できるの?

『韓国版youtube』のようなパンドラTVは、無料で色んな動画を視聴出来、日本でも大人気ですね!映画「娼年」の動画もフルにフルにパンドラTVで視聴出来るなら、無料ですし嬉しいのですが、映画「娼年」の動画は、今の所パンドラTVには公開されてないようです。ですが、パンドラTVで映画「娼年」の動画を視聴出来たとしても、そこには2つの問題点があるんです。

「娼年」動画をパンドラTVでフル視聴する問題点とは?

映画「娼年」の動画をパンドラTVでフルに視聴する場合の問題は、1つはあなたのPCの安全性の件です。パンドラTV内に貼られている、外部サイトへのリンクを踏む事で、ウイルスに感染する場合があります。ウイルスに感染してしまったPCは、一からバックアップを取ってPCを初期化しなければいけないので、大変だと思います(><)そればかりではなく、最悪の場合にはPCを買い替えなければいけないのです。

もう1つ、 映画「娼年」の動画をパンドラTVでフル視聴する時の問題は、法律上の事です。パンドラTVの中は違法にアップロードされた動画も多くあります。ですのでその動画をダウンロードするという事は、イコールそれは犯罪行為となるんですね!あなたがもし仮に著作権者から訴えられれば「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」となります(遠藤憲一さんのコミカルなCMでもご存じですね!)。

娼年 映画の動画をパンドラTV以外で安全にフル視聴するには

では、映画「娼年」の動画を最も安全にフル視聴する方法はあるのでしょうか?それは『動画配信サービス』を利用しましょう!そして『動画配信サービス』には、『ツタヤディスカス』がおすすめです!『ツタヤディスカス』は3種類のサービスがあり

・月額933円の動画配信サービス
・月額1865円の宅配cd/dvdレンタルサービス
・月額2417円の動画&定額レンタル

が選べますので、映画やドラマをあなたの好きなスタイルで楽しめる事が出来るんです(^^)

ですので映画「娼年」のフル視聴を動画配信や、dvdの宅配という形でも楽しめるというのが『ツタヤディスカス』です!そして、今なら無料お試し期間がありますので、期間内に退会すれば実質無料と言う事になります!もちろん、お試し期間内に「娼年」以外の動画も無料視聴出来てしまいますので、すごくいいと思いませんか?

登録はあっという間に終わります!氏名、メールアドレス、パスワード、クレジットカード情報を入力する、たったこれだけで完了なんです!あなたが、パンドラTVで映画「娼年」の動画を探していた理由は、もちろん無料だからだと思います。そして『ツタヤディスカス』は基本的には有料です。優良なんですがお試し期間があるので、PCの安全性や法律的な事を考えると、このシステムを有効活用しましょうという事ですね!

そしてもし、あなたが『ツタヤディスカス』のサービスが気に入ったら、お試し期間以降も継続するのもアリだと思います!

クリックで見る事が出来ます!
↓    ↓    ↓
「娼年」を観る!

娼年以外の映画動画もフルで観られる!

『ツタヤディスカス』では、「娼年」以外の映画も観られます!例えば松坂桃李さん出演作なら

・不能犯

・ユリゴコロ

・キセキ-あの日のソビト-

・エイプリルフールズ

なども見る事ができます。

娼年 映画動画の概要とあらすじは?

『娼年』(しょうねん、call boy)は、石田衣良さん作の恋愛小説が原作です。石田衣良さんにとって初の恋愛小説かつ長編作品になります。第126回直木賞候補作となりました。続編は『逝年』で、両作とも幸田育子さん作画で漫画化され『オフィスユー』で連載されました。映画化の前に松坂桃李さん主演で舞台にもなっています。

2016年8月26日 – 9月4日、全13公演、東京芸術劇場プレイハウス
2016年9月14日 – 9月15日、全3公演、久留米シティプラザ ザ・グランドホール
2016年9月7日 – 9月11日、全7公演、梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

大学生・森中領(松坂桃李さん)はバーでアルバイトしていますがほとんど大学にも行かず、大学の友人・白崎恵(桜井ユキさん)からノートを写してもらってばかりいました。ある日領は、ギャル風の女(階戸瑠璃李さん)と行きずりの関係を過ごします。行為のあと、領はある夢をみます。それは、幼い自分を残し、玄関を出て行く母の夢だったのです。

そんなある日、友人でホストの田島進也(小柳友さん)が、領が働くバーに一人の女性を連れてきます。彼女の名前は御堂静香(真飛聖さん)。会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」の経営者でした。女性にもセックスにも楽しみを見いだせず「女なんてつまんないよ」と素っ気なく言う領でしたが、静香は家に招き入れます。早速静香を抱こうとする領ですが、静香はそんな彼をあっさり拒否。そんな彼の前に現れたのは、薄手のネグリジェに身を包んだ女性・咲良(冨手麻妙さん)でした。

咲良は生まれ付き耳が聴こえませんが、読唇術を体得しています。静香は領に、咲良とのセックスを指示します。突然で戸惑いつつも領は咲良を抱き、二人は絶頂を迎え事を終えました。これは「Le Club Passion」の入店試験だったのです。静香は領のセックスを試しました。しかし静香は、領のセックスは自分本位であると非難。さらに、合格のためには一回の行為に一万円以上の価値がなければいけないと、机の上に5000円札を一枚置き、不合格を告げます。

ですが、そこへ咲良が追加で5000円札を置き、領は一転、合格となりました。領は迷った挙句、娼夫・リョウとして働くことを決意したのでした。最初の客は、クラブの常連客であるヒロミ(大谷麻衣さん)でした。最初はあくまでデートに行っただけでしたが、リョウを気に入ったヒロミは後日、再び彼を指名し、ホテルに向かいます。

デートでの様子とは打って変わり、ホテルに着くとすぐに二人は激しく絡み合います。服を脱ぎ捨てながら互いに口や指で体をまさぐり合い、素早く事に及びます。廊下では清掃員の男が二人、愚痴を言いながら通り過ぎて行くのですが、壁ひとつへだてた向こうでは二人が激しく動いています。ヒロミは絶頂に達し、リョウと別れた後、静香に電話で彼を絶賛するのでした。

二人目の客は、知的な雰囲気を持つ女性・イツキ(馬渕英里何さん)。二人はレストランで食事をしながらプラトンなどの古代ギリシャ哲学についての意見を交わし、イツキの家へ向います。イツキは水を飲みながら、幼少時代のある体験について語ります。それは、幼馴染の少年の前で尿意を我慢できず、漏らしてしまったという体験。しかしその時、生まれて初めてエクスタシーというものを感じた彼女は、以来、その体験が忘れられず、普通のセックスでは満足できないと言います。

そしてイツキは、実は先ほど飲んだ水に利尿薬を混ぜているから、今すぐここで自分が放尿するのを見て欲しい、とリョウに頼みます。戸惑いながらもそれを受け入れるリョウ。とうとう耐え切れなくなったイツキは、恍惚の表情を浮かべながら盛大に漏らし、達してしまいます。リョウはそんなイツキの頭を、静かに撫でるのでした。

ある日リョウは、一人の主婦(荻野友里さん)と池袋で落ち合いました。彼女はリョウに抱かれながら、夫と結婚してから全く求められないと、悩みを打ち明けます。クラブでリョウを求める者の中には、こういった既婚者も少なくないのです。

ある時には、遠く熱海から指名が入ります。向かった先は立派で古風な屋敷。そこに住む初老の男性・泉川(西岡德馬さん)は糖尿病に苦しみ、車椅子での生活を余儀なくされています。彼はリョウに、うら若き妻・紀子(佐々木心音さん)を目の前で犯すように要求します。それをビデオカメラで撮影したいと言うのです。

床の上でわざと乱暴に紀子を犯し、領は泉川を挑発します。それを撮影しながらも泉川は次第に表情が歪んでゆのくでしたが、徐々に喘ぎ声をあげてゆく妻を前にして、突然自慰を始めます。三者三様徐々に高まっていく快感。そして…..リョウと泉川が同時に「達する」瞬間は、必見です!

とある老婆(江波杏子さん)の誕生日をリョウが祝っています。彼女はずっと前に夫を亡くした未亡人でした。上品な立ち居振る舞いでリョウと接する老婆は、リョウの手を握り優しく語りかけます。安心したのか、リョウは自分の胸の内を語り始めます。すると老婆は、恍惚とした表情を浮かべます。

「年を重ねると、こういう芸当もできるのよ」とほほえむ老婆。彼女は、握ったリョウの手の感触のみで快感を感じ、達してしまったのでした。

娼年 映画動画の原作には続編がある?

娼年は2001年7月と2004年5月に集英社から出た作品です。その後2008年に続編として「逝年(せいねん)」が発表され、さらに三部作目となる続編の「爽年(そうねん)」が2018年4月に発売されました。娼年のシリーズとしてはこの三部作で完結となっています。2001年~2018年と長期間が渡っていますが作品の中では、娼年から7年の歳月が経った設定で、主人公「リョウ」が自分自身の未来を思いを巡らせます。

映画のトークイベントでは、娼年の三浦監督が「映画版も続編があるかもしれない…」と発言していました。映画化以前の舞台でも松坂桃李さんが起用されていたので、適任が彼以外には見当たらないのかもしれませんね。もし続編があるとすれば松坂桃李さんファンは見逃せません!

石田衣良のプロフィール

本名 石平 庄一
出身 東京都江戸川区
生年月日 1960年3月28日
学歴 成蹊大学経済学部卒業
活動期間 1997年池袋ウエストゲートパークでデビュー

石田衣良さんは「いしだ いら」さんと読み、本名は石平 庄一(いしだいら しょういち)さんです。名字を分割しているんですね。代表的な著書には「池袋ウエストゲートパーク」シリーズや「スローグッドバイ」「4TEEN」があります。大学を卒業後はフリーター生活を経てコピーライターとして広告代理店に勤務、33歳でフリーランスのコピーライターとして活動開始しました。

その後36歳から小説家を目指すようになり、数々の新人賞に応募したうち、ミステリー賞で受賞したのが「池袋ウエストゲートパーク」でした。2013年には別名義「雷田四位」(らいだしい)で電子書籍「SAKASHIMA -東島進駐官養成高校の決闘」を半年間連載しています。

石田衣良の受賞歴

石田衣良さんの受賞歴を見てみましょう。

・「池袋ウエストゲートパーク」(1997年):第36回オール讀物推理小説新人賞受賞
・「娼年」(2001年):第126回直木賞候補 
・「骨音」(2002年):第128回直木賞候補
・「4TEEN」(2003年):第129回直木賞受賞
・「眠れぬ真珠」(2006年):第13回島清恋愛文学賞受賞
・「北斗 ある殺人者の回心」(2013年):第8回中央公論文芸賞受賞

娼年 映画動画のネタバレ!

原作者の石田衣良さんと監督の三浦大輔さんは、濡れ場には一切妥協しないという姿勢でそれぞれ小説と映画を作り上げています。映画の製作にあたって小西プロデューサーは、映倫に脚本を持ち込んで相談。映倫の担当者と話をするうちに、この作品を妥協なしに映画化するにはR18にするほかないと決断したといいます。

主演の松坂桃李さんは舞台版でもリョウを熱演しました。「二度とできないと思えるほど、無の状態になった」というほど消耗したという舞台での演技をベースにしつつ臨んだ本作では、撮影期間中に渋谷のビジネスホテルで寝泊まりし、役から抜けられない状況を確保します。「7、8年分の濡れ場をやったよう」とコメントしています。

撮影に際してスタッフは、全ての濡れ場のために画コンテとそれをもとに代役が演じたビデオコンテを作成し、まるでダンスの振り付けのように、動きのひとつひとつにまで「振り」をつけ、撮影前のリハーサルは5日間にも及ぶものでした。実際、映画をよく見ると松坂桃李さんのお尻のアップがたびたび登場するのですが、達した時にお尻が小刻みに震えるところまで詳細に表現されており、リアリティへの監督と役者の並々ならないこだわりが感じられます。

そして俳優陣の演技だけでなく、濡れ場における人物の動きに対して計算されたカメラ位置、東京各所の空気感が見事に定着した画面、そして煌びやかな光と陰。本作で撮影を手掛けたのは、主に広告の世界で活躍するJam Eh I。今回の「娼年」が劇場用長編映画デビューとなります。

本作の濡れ場を見ていきますと、その生々しさは役者の演技だけでなく「音」によるところが大きいとわかります。実際、他の映画の濡れ場を見ていると、腰を打ち付ける音などは聴こえますが、ここまでリアルで生々しい、湿度を感じるような「音」が聴こえてくることはほとんどないでしょう。

本作で録音を担当した加藤大和さんは、『舟を編む』や『テルマエ・ロマエ』などの話題作の音を手掛けたベテランスタッフです。三浦大輔監督とは『何者』でも一緒に仕事をしています。

娼年 映画動画のキャストは?

それでは、映画「娼年」の主要キャストを見ていきましょう!

森中領(リョウ) – 松坂桃李さん

(出典:https://geinoutime.com)

20歳の大学生。大学生活も恋愛もつまらないと感じており、大学に週に1度しか行かない。バーでバーテンダーのバイトをしている。

平戸東(アズマ) – 猪塚健太さん

VIP向けの特別な娼夫。リョウの事を売れっ子になると断言する。痛みに快楽を感じるマゾヒスト。

白崎恵 – 桜井ユキさん

リョウのゼミの同級生。リョウが働くバーでの飲み放題と引き換えに、ゼミのノートと代返を頼まれている。

田島進也(シンヤ) – 小柳友さん

領の中学時代の同級生で現在ホスト。自信家で調子のいい男。

御堂静香 – 真飛聖さん

40代女性。会員制ボーイズクラブ『Le Club Passion』のオーナー。

咲良 – 冨手麻妙さん

『Le Club Passion』で働く女の子。耳が生まれつき聞こえない。

イツキ – 馬渕英里何さん

ヒロミ – 大谷麻衣さん

主婦 – 荻野友里さん

紀子 – 佐々木心音さん

階戸瑠李さん

泉川氏 – 西岡徳馬さん

老女 – 江波杏子さん

娼年 映画動画を観た人の感想と口コミ!

映画「娼年」を観た人たちの感想は、こんな感じです!

・なんせ ほとんど セックスシーン
少し、お金で買う優しさに共感できてしまった…。でもそんな事羞恥心で出来ないだろうけど。
人の欲望は無限だって思った。

・きっちりエンターテイメントになってる
渦よりきっちり
松坂桃李の裸だけでは決してない
ますます行定勲か霞んできた
ラストの発光だけが乗れなかったけど

・とても美しかった!女優陣も素晴らしい!

人を「愛したい」と今まで思ってきたが
初めて男性から「愛されたい」って思った。
「女」を結婚してから忘れていたが
自分も「女性」なんだと思い出しました。

この原作を映像化できたスタッフキャストの方に感謝、脱帽です。

今までイケメン枠俳優だと思っていた、松坂桃李さんでしたが、
この映画観たら、いやいや、実力派俳優って言って良いでしょう!

女心 わし掴みしますね。

・過激なAVのようなSEXシーンが続く本作、元々は舞台劇というから凄い。
秘密クラブの娼夫となったインテリ大学生の領は、様々な性癖を持った、同年代から70歳までの女性と性体験を重ね成長してゆく。
原作は石田衣良の小説。
7人もの女優とAV男優さながらに肌を交えた松坂に、まずはお疲れ様と言いたい。
日活ロマンポルノのエロスは死に向かう傾向が強かったが、本作のそれは生に向いていて、そこがいい。
ますます性が開放的になってゆく社会において、まだ売り物になるのは人の数だけある欲望のかたち。
人間の営みへの慈しみ、というか、監督はいやらしさとは別の次元でそれを丁寧に掬い上げている。
観客は2,3人連れの女性が8割。すべてが松坂桃李目当てというわけではないだろう。
また、松坂の相手役となった女優陣もみんな魅力的だった。
なかでも江波杏子に、女の確かな年輪とたまらぬ色香を感じた。

「娼年」映画の予告&プロモーション動画は?

「娼年」映画の予告動画はこちらから観られますよ(^^)

クリックで見る事ができます
↓    ↓    ↓
「娼年」を観る!

-ドラマ

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.