スポーツ選手

那須川天心と武尊は仲が良い?試合の実現可能性を調べてみた!

更新日:


キックボクシングの那須川天心選手と武尊選手、ファンは試合を望んでいますが、実は仲が良いそうです。そして那須川天心選手も武尊選手も『最強』といわれ、驚異の勝率を誇ります!そこで、どうして仲が良いといわれる2人の試合は実現しないのか、また那須川天心選手と武尊選手の強さの秘密にも迫ってみました。

スポンサーリンク




那須川天心と武尊は実は仲が良い?

那須川天心選手が熱望するも中々実現しない、武尊選手との試合。2人の関係は『バチバチ』なのかと思いきや、「実は結構仲が良い」という噂が浮上しています。と言うのも2人はFacebookでは友達としてつながっていました。これはもう、『仲が良い』認定行為ですね!また、武尊選手の試合後でしょうか、観客席の那須川天心選手と握手を交わす画像も出回っています。

(出典:https://lifestylerev.com)

当時は「日本の格闘技を盛り上げましょう!」と誓い合ってたのかも知れませんね!それでは、どうしてここまで、(仲が良いといわれる)2人の試合が実現しないのでしょうか?

那須川天心と武尊の試合実現可能性は?

武尊選手が所属するK-1は那須川天心選手との対戦を完全に拒否しています。中立の立場のRIZINが2人の試合を組もうとしても、K-1はこれを拒否するため、不穏な空気が続いています。那須川天心はなかなか試合が組まれないことに不快感をあらわにし、一時はSNSで「逃げてるやつには興味はない」とまで言うほどでした。

那須川天心経歴プロフィールと出身高校は?

(出典:http://iropel0103.com)

那須川天心(なすかわてんしん)選手のプロフィールが、こちらになります。

生年月日:1998年8月18日
出身地:千葉県
身長:162cm
体重:55kg

驚異の打撃スピードとテクニックを誇る那須川天心選手ですが、実は防御、ディフェンスの能力も素晴らしいです。相手のこぶしではなく、攻撃の際に肩がちょっと動くのを見て攻撃を予測するそうです。スパーリングもほとんど行わず、対戦相手の研究も2、3回見るだけと言う、まさに天才を地で行くキックボクサーなんですね!

トレーニングや空手に時間を費やしたい、という理由から4年制となる千葉県立松戸高等学校の午前部に進学しました。ここの高校は、様々な事情で進学した生徒が多く、スポーツを理由に進学した生徒は那須川選手が初めてで、最初は学内で浮いてたそうです。そして那須川選手の性格は意外にも『ビビり』で、喧嘩は1度もした事がないそうです。

街で怖そうな人を見たら、極力遠ざかるようにしているとか。格闘技で『最強』と言われる人には、本当に色々なタイプがいるんだなと思ってしまいます。ストリートファイト三昧だったり、喧嘩が大好きだったり、本当に犯罪者になってしまう人も多いですが、那須川選手のように普段は喧嘩などしないが、試合になるとスイッチが入る人もいますね!

那須川天心が訴訟された理由は?

先ほどの、SNSでの『逃げている』発言で那須川選手は、武尊選手の所属するK-1から訴えられました。元々那須川選手から武尊選手への対戦要求があった訳ですが、それがK-1に対しての不当な興行介入にあたる、『逃げている』中傷発言でスポンサーが離れた、営業妨害として約1.4億円の損害賠償、といった内容の訴訟でした。

シンプルに考えれば、夢のカードなんだからストレートに試合のマッチメークを実現させればいいだけの話と思うのですが、そこには色々な「大人の事情」が絡んでくるのでしょうね・・・この訴訟問題では多くの格闘技ファンから失望の声が聞かれました。

スポンサーリンク




那須川天心の彼女は浅倉カンナ?

女子総合格闘家の浅倉カンナ選手が、那須川天心選手と交際していると言われていました。その根拠となったのは、2017年12月31日に女子で敵なしといわれていたRENA選手を失神KOし、浅倉カンナ選手が大金星をあげました。その時、人の試合で泣いたりしない那須川天心選手が大号泣していたんですね。

この時は、2人が同じ道場に通っていた時期もあって年齢も近いから仲が良いのでは?と交際はデマといわれたりもしましたが、その後2人の交際はオフィシャルに公言されて、浅倉カンナ選手は那須川天心選手の彼女であることが確定しました!ちなみに2018年7月29日のリマッチでは、浅倉カンナ選手がRENA選手を判定で返り討ちにしています。

ここで、那須川天心選手の彼女である浅倉カンナ選手のプロフィールを紹介しておきます。

(出典:https://www.hochi.co.jp)

本名:浅倉栞南
生年月日:1997年10月12日
出身地:千葉県
身長:158cm
体重:48kg

那須川天心と試合実現する?武尊の経歴プロフィールと強さの秘密・今後について!

(出典:https://lefty322.com)

仲が良いといわれる那須川天心選手との試合実現するのか、気になる武尊選手のプロフィールを見てみましょう。

本名:世川武尊
生年月日:1991年7月21日
出身:鳥取県米子市

武尊選手は小学生の時に見たk-1の試合に憧れて、空手を始めます。そして高校生の時にキックボクシングを始めました。念願のk-1甲子園関西地区予選に出場しましたが、2回戦で敗退。この後、チームドラゴン(現k-1ジムチームクレスト)に入門します。チームドラゴンで武尊選手は切磋琢磨し、2011年に立ち技格闘技イベント『Krush』でデビュー。

Krushでは連戦連勝を重ねて、武尊選手は2013年にKrush58キロ級のチャンピオンになっています。その後本格的にk-1デビュー。2015年4月に開催されたk-1初代-55キロ級のトーナメントに、武尊選手は見事勝ち上がり、念願のk-1チャンピオンに輝きました。2016年11月には階級を上げて、初代-57.5キロ級のトーナメント参戦。

武尊選手にとっては適正体重の階級であり、パワーが増した武尊選手は他の選手を圧倒して王者となり二階級制覇!そして、k-1においては無敗のまま2018年3月21日の第4代-60キロ級トーナメントに階級をもう一つあげて参戦します。このトーナメントでも武尊選手は圧倒的な強さで王者になり、前人未到の三階級制覇を成し遂げました!

武尊選手の通算戦績は、35戦34勝20KOで勝率97%、KO率約60%と那須川天心選手に引けを取りませんね。どうしてこんなに強いのでしょう?まず武尊選手は、勝利に対する貪欲さが、他の選手とは全然違うといわれます。相手の手数が増え、相手が強いほど笑ってしまうほど嬉しくなるそうです。

戦いが楽しくてしょうがないということも、インタビューでも言っています。そして武尊選手には、攻撃の引き出しの多さがあります。パンチがメインの武器で、KOの大半はパンチで仕留めていますが、武尊選手の場合ジャブではなくキックから試合を組み立てます。空手がバックボーンにあるからでしょうか、ローキックやミドルキック、膝蹴りや前蹴りなどで自分の得意な距離をキープします。

そしてキックとパンチをバランスよく打つので、相手も意識が奪われてしまい自分の組み立てた戦いができなかったりします。またほとんど試合後に顔に傷がなく、前蹴りで相手を懐に入れなかったり、フットワークで顔にもらわないなど防御テクニックにも長けているのです。そして、自分がKー1を引っ張っているという意志から、自分がただ勝てばいいと思っていません。

試合の勝ち方やお客さんが楽しんでくれること、K-1がどうやればもっと盛り上がるかと言った所まで考えています。クリンチをほとんどしないこともそうですし、ローブロー(金的)を食らってもすぐに立ち上がります。試合が中断する要素、お客さんを待たせないプロ意識があるからなんですね。

那須川天心と武尊は仲が良い?試合の実現可能性についてまとめ

那須川天心選手と武尊選手。これほど魅力ある2人の戦いは、何があっても実現してもらいたいものですが、何十年も経って、選手としての商品価値が今より下がってからの実現と言うのは、興ざめしてしまいますからね・・・

スポンサーリンク




関連記事
武尊の彼女はラウンドガールってホント?足利美弥が怪しい!

井上尚弥が嫁とゴタゴタなのはなぜ?子供はいるのか調査!

堀口恭司の離婚理由を調査!那須川天心との試合は実現する?

堀口恭司が彼女を作らない理由は?山本kid(全盛時)と試合したらどっちが強いのか検証

近藤魁成の兄弟は何人?身長高校などプロフィールを調べてみた!

-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.