スポーツ選手

大竹秀典の戦績は?動画で強さを分析!

投稿日:


2度目の世界戦挑戦に挑む大竹秀典選手、その戦績はどのようなものでしょうか。そしてその強さや持ち味を知りたいですね!それにはやはり、動画を見て分析してみようと思います。最後の世界挑戦の覚悟で挑む大竹秀典選手の戦績や、強さや持ち味を過去の試合の動画から分析してみました。

スポンサーリンク




大竹秀典の戦績・経歴・プロフィールは?

(出典:https://sports.yahoo.co.jp)

大竹秀典選手のプロフィールや戦績、経歴を見ていきましょう。

生年月日:1981年7月6日
出身地:福島県郡山市
所属ジム:金子ボクシングジム

大竹秀典選手の戦績は36戦31勝(14KO)2敗3分けです。日大東北高、仙台市にある東北文化学園専門学校を卒業した後に21歳の時、スポーツジムで見たシャドウボクシングに興味を持ち、郡山市内のボクシングジムに飛び込んみました。そして2004年、プロを目指して上京します。名門・金子ジムの門をたたき、24歳でプロテストに合格しました。

2005年12月にプロデビュー、2006年には東日本新人王決勝戦に進出しますが引き分け(敗者扱い)、更に2007年も無敗のまま再び東日本新人王決勝へと駒を進めました。しかしその年の全日本新人王(MVP)の、古口学選手に僅差の判定負けで初黒星を喫します。その後、着実に実力を付けていき、2009年に日本ランキング入りします。

2012年8月、空位のタイトルを中嶋孝文選手と争い、判定勝ちでタイトルを獲得し、同年12月、指名試合にて元同級暫定王者で1位の瀬藤幹人選手を3-0判定で下し、初防衛に成功しました。2013年4月には2度目の防衛に成功します。さらに2013年8月、3度目の防衛に成功。2014年3月、4度目の防衛に成功。

2014年9月、華々しい戦績で同タイトルを返上し世界に照準を絞ります。直後の11月22日、英国リヴァプールにてWBA世界スーパーバンタム級王者、スコット・クイッグ(英国)への挑戦が実現しましたが相手の強烈なパンチと巧みな防御に翻弄され、0-3の判定で敗れました。急遽決まった敵地での世界挑戦ですが、戦績に違わず十分に世界で通用する実力である事を証明しています。立派な戦績に加えKO負けは一度もないです。ただしスカッとしたKO勝ちもあまりなかったですね。クイッグ選手はこの試合で骨折かなにかをし、長期休養しました。

大竹選手は接近戦を得意とし、勝負勘が鋭い事から「リングの仕事人」の異名を持ちます。スコット・クイッグ選手に敗れた当時すでに33歳でした。しかし、ボクシングへの情熱は冷めることなく、横浜市内の飲食店で働きながら技を磨きました。2017年4月に東洋太平洋スーパーバンタム級王座に就くと、その後3度の防衛に成功し、世界戦に再び挑戦するチャンスをつかみます。

大竹選手はずっと微妙な相手に試合を重ねてきたため、冴えない勝利ばかり続けてきたのですが、いぶし銀で勝ち残るしぶとさが光っています。王者・アイザック・ドグボエ選手は強いですが相手にとって不足なしでしょう。大竹選手今までの戦績・キャリアを全てぶつける格好の相手といえます。

大竹秀典の強さを動画で検証

2016.3.16東京 後楽園ホールで行われた「ゴールデンチャイルドボクシングvol.116」での、大竹秀典選手vsサターントゥン・ソーバンカル選手のフェザー級10回戦の動画を見てみましょう。動画では大竹秀典選手は、2回1分11秒KO勝ちを収めています。動画では1ラウンドからソーバンカル選手が、クリンチで逃げているのが分かります。

そして、2ラウンドでは大竹選手のパンチが面白いようにヒットし、ソーバンカル選手はついにダウンを喫しました。動画でも分かりますが、大竹選手のパンチが相当効いています!この動画から分かることは、大竹選手のプレッシャー、圧力が相当に強いな、と言う事ですね。世界戦でもこの持ち味を、ぜひ生かしてほしいですね!

大竹秀典が国内男子最年長記録を更新?

(出典:https://sports.yahoo.co.jp)

大竹秀典選手が世界戦を行うのは、約4年ぶり2度目となります。勝利すれば、長谷川穂積選手が持つ35歳9ヶ月の国内男子最年長記録を更新することになります。大竹選手は「この年齢でも信じて応援してくれた両親、地元の仲間に最高の結果を届けたい」と話しました。

スポンサーリンク




大竹秀典の対戦相手王者は?

(出典:https://boxmob.jp)

大竹秀典選手の今回の相手となるチャンピオンは、ガーナ出身のアイザック・ドグボエ選手。戦績19戦全勝、13KOという実力を持ち「最強王者」と呼ばれています。ロンドン五輪フェザー級代表では日本の清水選手に惜敗。セサール・ファレス選手とジェシー・マグダレノ選手との2試合で、この階級トップに評価される王者になりました。

ガーナからアメリカへ、身長160センチに満たない小兵選手ですが、まさにアメリカンドリーム、アフリカンドリームを掴みました。ドグボエ選手は何といっても、前に出て攻めるファイターなので、捕まえにくいという心配はいりません。ただ迎え撃てばいいだけです。ですが、若さと勢い、充実度、パワー、強さのレベルは段違いにドグボエ選手の方がありそうなので、同じ土俵でやりあうと打ち負かされても、仕方ないのではないでしょうか。

ドグボエ選手は『相打ち型』のファイターです。ドファイターのようですが、相手が仕掛けてくると力強く打ち合い、出てこないとやや無策な面を持っています。ファイター型でいながらカウンターパンチャーなところがあるのですね。大竹選手はそこをしっかり研究して、消耗戦に持ち込んだなら、ひょっとするかもしれません。ドグボエ選手はマグダレノ戦でも最初にダウンしましたし、倒すか倒されるかのリスキーな戦い方をします。

ドグボエ選手は先日王座を防衛したダニエル・ロマーン選手との統一戦に合意しており、今回のタイトルマッチは軽い通過点とみているようです。全階級屈指の小兵ですが階級統一や複数階級制覇を公言していて、先ばかりみて足元を見失っているともいわれます。ドグボエ選手強いのは承知な訳ですが、戦術が見えているので大竹選手にチャンスがないとはいえないですね。ある意味、一番やりやすい相手ともいえます。

大竹選手は自身の事を「普通なら引退する年齢」と自覚しています。会見では体力の回復が遅くなっている現状も明かしました。しかし、「成長しないと思ったら(現役を)辞める」と腹をくくり「絶対にチャンピオンになる。不可能を可能にする姿を見てほしい」と決意を表しています。

大竹選手は郡山で世界王座の防衛戦を開く事を夢にしています。「東日本大震災を乗り越え、古里から福島は元気だという姿を世界に発信したい」と信じています。

大竹秀典の世界戦日時は?

大竹秀典選手が挑むWBO世界スーパーバンタム級タイトルマッチは、2018年8月25日(現地時間)、米アリゾナ州グレンデールで行われます。

大竹秀典の後援会副会長・母親・職場の社長は?

大竹秀典選手の、郡山市の後援会・上野一夫副会長は世界戦に応援に行く予定です。「前半は耐え、後半のラッシュで仕留めるようないつもの戦いを期待する。市民のために世界王者になってほしい」と勝利を願っています。大竹選手の母親の千賀子さんは「前回の世界戦で負けた時に、また頑張りたいと言っていた。挑戦し続ける姿が私たちを元気にしてくれる。どんな結果でも拍手を送りたい」と親心を見せます。

大竹選手の勤務先の横浜ビールの太田久士社長も期待を寄せています。アルバイトをしながらボクシングを続けていた大竹選手を見出し、職場に招き入れました。就業時間を大幅に短縮するなどの支援しています。「大竹選手の頑張りは社員ばかりでなく横浜市民の誇り」と胸を張ります。

大竹秀典の戦績は?動画で強さを分析についてまとめ

大竹選手のボクシングスタイルには、派手さはありませんがジワジワと着実に相手を追い詰めて行くような、力強さがあります。ぜひドグボエ選手に勝利して、世界戦勝利の国内男子最年長記録を更新してほしいものですね!(^^)

スポンサーリンク




関連記事
井上尚弥が嫁とゴタゴタなのはなぜ?子供はいるのか調査!

村田諒太の次戦2018はいつで相手は?2017年を踏まえ検証!

ジェイミーマクドネルの戦績がヤバい!亀田和毅に圧勝?

井上尚弥の嫁がかわいいらしい?インスタを調査してみた!

-スポーツ選手

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.