芸能人

宇佐美蘭の子供(次女)が病気だった?子供の名前と病名を調査!

投稿日:


サッカー日本代表の宇佐美貴史選手の妻・宇佐美蘭さんの子供(次女)が病気を患っているようです。2018年3月に生まれたばかりなのに、心配ですよね!子供(次女)の名前と病名も知りたいです。そこで、宇佐美蘭さんの子供の名前や次女の病名、病気は治るものなのかなどについて、調べてみました。

スポンサーリンク




宇佐美蘭の子供(次女)は病気だった?

サッカー日本代表の宇佐美貴史選手と妻の宇佐美蘭さんの間に2018年3月に生まれた、子供(次女)がどうやら深刻な病気を患っているようです。宇佐美貴史選手はドイツのクラブチームに戻っていきましたが、宇佐美蘭さんは子供(次女)の病気の治療の為に日本に残っています。宇佐美蘭さん自身がSNSでの報告をしました。

「実は次女の腎機能に少し問題があり、生後3か月頃から熱が出たりして。一時的に入院もしていました。主治医の先生と相談しもう少し身体が丈夫になるまでは日本で暮らすほうが良い、という結論が出ました」これは、夫がドイツに戻るのに妻と子供がなぜ日本に残るのか、離婚するのではないのかというファンの心配を気遣っての、報告の意味があるのかも知れませんね・・・

生後3か月なら6月ですので、ちょうどロシアW杯の時期とかぶりますね。娘の腎臓の病気を心配しながらも、W杯に出場した宇佐美貴史選手。満足のいくプレーは出来なかったかもしれませんが、今まで以上に気迫のこもったプレーをしてくれました。

宇佐美蘭の子供(次女)の病名は?

宇佐美蘭さんの子供(次女)の病気ですが、病名はいったい何でしょうか。以下の病名が考えられます。

小児ネフローゼ
IgA腎症(慢性糸球体腎炎)
急性糸球体腎炎

この中で発熱の症状がみられるのが、IgA腎症と急性糸球体腎炎なのですが、子供さん(次女)の発熱が腎臓の病気によるものなのか、免疫力低下による感染症なのかが分かりません。宇佐美蘭さんのコメントで「体が丈夫になるまでは・・・」とありますので、免疫力にかかわる腎臓病なのかもしれません。

そして成長につれて自然治癒する可能性も高いので、経過観察をしていけば良いということです。宇佐美蘭さんは最初は落ち込み、「健康に産んであげたかった」と自身を責めたりもしたそうですが、最悪のことを考えても仕方ないし、この可愛い時期をくよくよして過ごすのはもったいないので、今は前向きに過ごしているそうです。

自然治癒する可能性が高いというのは、希望が持てますね!しかし、健康に産んであげたかったというコメントからは、先天的な病気の可能性も否定できません。

宇佐美蘭の子供(次女)腎臓機能の病気?

宇佐美蘭さんの子供(次女)は、SNSでの報告もあったようにどうやら、腎機能の病気なんですよね。早期に治るものだとよいのですが・・・

スポンサーリンク




宇佐美蘭の子供の名前は?桜ちゃんなのか検証

(出典:http://topic.entertainment555-attention-column.com)

宇佐美蘭さんには2人の子供がいます。2人共女の子で、名前は長女が菫(すみれ)ちゃん

(出典:https://instagrammernews.com)

次女が桜ちゃんと言います。

(出典:https://instagrammernews.com)

桜ちゃんは2018年3月、菫ちゃんは2015年12月24日に生まれました。

名前の通り2人共、とてもかわいいんですよね(^^)菫ちゃんは漢字表記の名前なので、最初、読めない人もいるのではないでしょうか?(私がそうでした・・・)キラキラネームという訳の名前ではありませんが、ちょっと読みにくい名前なのかも知れませんね。宇佐美貴史選手は娘さんを溺愛していて、とってもイクメンパパなんだそうです。

ですが、その溺愛ぶりが夫婦喧嘩の原因になることもあるんだそうですよ。ここで、宇佐美蘭さんのプロフィールを見てみましょう。

旧姓:田井中蘭
出身地:京都府長岡京市
生年月日:1991年9月17日

宇佐美蘭さんは、宇佐美貴史選手より1歳年上の姉さん女房ですが、お互いに10代で結婚した為夫婦歴は長いんですね。宇佐美蘭さんは元々はキャスターでしたが結婚後は宇佐美貴史選手とドイツへ移住し、桜ちゃんの病気が判明するまでは、夫のサポートに務めていました。成蹊大学文学部出身ですが、ドイツ移住などもあったため卒業には6年かかったそうです。

野菜ソムリエの資格も持っていますので、宇佐美貴史選手の栄養面でのサポートも強力に行えると思います。2人の馴れ初めですが、出身地が同じ長岡京市の為、中学が同じ(長岡京市立長岡中学校)だったんですね。宇佐美貴史選手が1学年先輩の宇佐美蘭さんに一目ぼれし、交際が始まりました。

(出典:https://dreaming-baby.com)

しかし中学を卒業すると、宇佐美貴史選手は大阪の高校でサッカーに明け暮れる日々、宇佐美蘭さんは上京して芸能活動を東京の高校で始めるなど、破局を迎えました。しかし宇佐美貴史選手は一途に宇佐美蘭さんを思い続け、3年後に東京で再会、結婚となったのです(^^)

ところで宇佐美蘭さんには、誘拐された?という噂があるんですね。どうもドイツに滞在中の出来ごとのようです。宇佐美蘭さんはミュンヘンに就いた瞬間に、不審な視線を感じ取ったそうです。一緒にいた、ドイツ歴の長い友人が「人身売買の手口だ」というので、2人で警官の所まで走ったそうです。

不審な男性の仲間がぞろぞろと出てきて、宇佐美蘭さんたちを追いかけてきたそうですが、警官に気付くと逃げて行きました。もしあの時に、不審な視線に気づかずにトイレや人気の少ない場所に行ってたらと思うと、宇佐美蘭さんはゾッとしたそうです。

宇佐美蘭は宇佐美貴史の嫁!娘の持病は治るの?

(出典:http://iropel0103.com)

宇佐美蘭さんは宇佐美貴史選手の嫁ですが、ドイツに行かずに日本で治療を続けるということは、桜ちゃんの病気が軽視できるものでないことがわかります。桜ちゃん病気は治るのでしょうか。先程挙げた病名のうち、もし小児ネフローゼなら治療で高確率で治ります!しかし、再発率も高いので治療が終わってからも定期的に、尿検査をする必要があるとの事です。

先の病名のうち急性糸球体腎炎であれば、しっかり治療する事で完全に治る病気です。急性糸球体腎炎は子供に多い病気で、桜ちゃんもこの病気の可能性が高いです。免疫力が弱いと菌に感染して罹ってしまう場合も、あるので急性糸球体腎炎と予想出来るでしょう。そして、3つの病名のうちIgA腎症なのですが、これはやっかいです。

なぜなら症状が出なくなって治ったようにみえても、再発の可能性があるからです。さらに腎機能が徐々に低下したり、腎不全になってしまう可能性もあるので、桜ちゃんの病名がIgA腎症でないことを願います(><)宇佐美蘭さんのコメントで医師からの話で「体が丈夫になってから」とありましたので、病名は免疫力が最も関係する急性糸球体腎炎だと思うのですが、確実なことはわかりません。

宇佐美貴史選手自身は次女の持病について、詳しく語るつもりはないと思います。ちなみにですが、糸球体腎炎は数週間で治るので、あとは桜ちゃんに免疫力がついて、ドイツにいってからも元気に過ごせるようになるのを待ちたいです!

宇佐美蘭の子供(次女)病気が病気だった?子供の名前と病名についてまとめ

宇佐美蘭さん、夫の宇佐美貴史選手がドイツでプレーしている中、娘さんの病気の治療でとても不安だと思いますね・・・娘さんは2人共天使のようにかわいいですから、桜ちゃんの病気が早く治ってほしいです。

スポンサーリンク




-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.