ドラマ

警視庁ゼロ係3 1話の動画をお金をかけずに見る方法は?

更新日:


2018年話題の夏ドラマ「警視庁ゼロ係3」1話が衝撃的ですね!見逃した人はいませんか?もし、見逃した人がいたら動画で見る方法がいくつかあります。「警視庁ゼロ係3」1話を見逃した人の為に、動画でいくつかの見る方法をご紹介し、なかでもベストな方法を検証したいと思います。

警視庁ゼロ係3 1話動画を無料視聴する方法は?

2018年の夏ドラマ「警視庁ゼロ係3」がかなり話題です!1話を仕事の残業やプライベートな用事で、見逃した人はいないでしょうか?せっかく見たかった「警視庁ゼロ係3」1話を、何とかして見たいものですよね!

そこで、見逃してしまった「警視庁ゼロ係3」1話を動画によってもう一度見る方法があります。それは、デイリーモーションやパンドラなどの無料動画配信サイトで見る方法ですね。しかし、この方法で動画を見るには、気をつけなければいけない点があります。

無料動画配信サイトにはリンクが貼ってあり事が多々あります。あなたがクリックしてこのリンク先に行くと、あなたのPCがウイルスに感染する可能性があります。ウイルスに感染したPCは、最初から初期化のためにバックアップを取ったりなどの、大変な作業を伴います。

それでも直らないなら、結局PCを買いにショップに出向かないとダメで、これでは無料で動画視聴した意味がなくなります(><)さらにあなたが無料動画配信サイトで「警視庁ゼロ係3」1話を視聴する事は、法律上も違反に問われてしまいます。

なぜなら、無料動画配信サイト内にある動画というと、全部でないとしても、多くは違法アッブロード動画です。ですから、あなたがその違法動画をダウンロードした事実は、犯罪となります。もし著作権者があなたの行為を訴えたら「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはこれの併科」となってきます。

あと無料動画配信サイトは、画質が悪いから見ずらい事が多いです><

警視庁ゼロ係3 1話を観るには?

無料動画配信サイトで「警視庁ゼロ係3」1話を視聴するのは、中々にリスクが高いでしょう・・・では、ノーリスクで「警視庁ゼロ係3」の動画を見るためには?それには、『auビデオパス』をおすすめします!auビデオパスなら

・見放題だけでなく、最新作がレンタルで見られる。
・ドラマだけでなく、話題の映画やアニメもラインナップ。
・会員特典がたくさんあります。

auビデオパスには、4つのプランがあります。

➀見放題プラン
メインのプランといっていいでしょう。月額562円で、見放題プランの対象動画なら、どれだけ観てもOKです。しかも無料お試し期間が14日間あるので、期間内に解約すればお金はかかりませんよね!

➁30日プラン
iOS版のアプリからのみ可能な、見放題プランの期間限定版・機能限定版といった感じのプランです。期間は30日で、自動更新はされません。決済手段がAppleによる、無料期間が無い、対象動画のラインナップが多少違ってくる、などの違いがありますね。

➂レンタル(個別課金)
新品や人気の映画作品は、レンタルのものが多いようですね。レンタルの支払いにはau WALLETポイントも使えますから、携帯料金の支払いでたまったポイントで利用するのもいいかもしれません。さらに「見放題プラン」に加入している方なら、レンタル作品を1本見ることができる「レンタルチケット」が毎月1枚もらえます。

有効期限は翌月末までとなってますので、期限切れにならないよう使いたいですね。レンタルの作品1本分の料金が月額に含まれているという、お得感もあります(^^)

➃R-20 見放題プラン
KDDIが提供している、スマートテレビのセットトップボックス「Smart TV Box」限定のプランとなります。R-20対象作品が月額2,500円で見放題なんですね。

このような、メリットもたくさんある『auビデオパス』ですが、名前から分かるようにauユーザーのみが利用できるサービスなんですね。ですのでユーザーの方には逆に、チャンスと言えるでしょう。さらに「auスマートパス」に加入しているユーザーなら、見放題プランに加入しなくても、毎月数本の作品を見ることができるんです。

ですので一度試してみて、気に入ったら見放題プランに入るのもアリですね!auビデオパスでは見放題の作品・レンタルの作品に、けっこう有名なタイトルが並んでいます。公式サイトのカテゴリには洋画・邦画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなどがあって、さらに「洋画(アクション/アドベンチャー)」「洋画(ホラー/サスペンス)」「洋画(恋愛・コメディ)」など細かくジャンル分けされているんですね。

メニューから1クリックで選ぶことができるのは、使いやすいですね。公式ブログの「ビデオパスnavi」に注目作品の紹介のほか、近日配信予定のタイトルが「配信カレンダー」として提供されています。リクエストも受け付けていますので、観たい作品が見当たらなくても投稿すると、熱い思いが採用される確率が高まるかも?

そして会員特典として、抽選で新作の特別試写会への招待や、特製のポスターやグッズがプレゼントされる嬉しいチャンスもあります(^^)「ビデオパスnavi」に、情報がまとめられていますよ。また、最近話題のHDMIスティックデバイス「Chromecast」に対応しているので、大きなテレビ画面にChromecastをつけて、家族みんなで動画を楽しめます。

近日中に、公式サイトへ訪問できるバナーを載せますね!

警視庁ゼロ係3 1話のあらすじは?

杉並中央署「なんでも相談室」には、厄介払いされたメンバーばかりが集まっています。『ゼロ係』の冬彦(小泉孝太郎さん)と寅三(松下由樹さん)が発見したのは、ビニールで全身を巻かれた女性の絞殺体。これで3人目となる、同じ手口の被害者です。全員が右手の小指を切断されていました。

ある情報筋からゼロ係にもたらされ、全員が精神科医・実相寺(嶋田久作さん)の関係者と分かったため、実相寺は逮捕されますが、さらに同じ手口の新たな犠牲者が出て…。

警視庁ゼロ係3 1話のキャストは?

小早川冬彦-(小泉孝太郎さん)

(出典:http://iam-publicidad.org)

国家公務員試験一種をトップ合格していますが、出世には興味がなく、市民に歩み寄れる現場勤務を希望しました。頭脳明晰で、プロファイリングを得意、相手の表情やしぐさの変化から、嘘を見抜いたり、心情を読み取ることまでも出来ます。しかし、相手の気持ちや状況を考えずに事実をそのまま発言する(いわゆるアスペルガー?)ので、究極のKYと呆れられています。

寺田寅三-(松下由樹さん)

(出典:https://www.oricon.co.jp)

酔った父親が男の子が生まれると思い込んで祝杯をあげ、役場へ出生届を提出したことから「寅三(とらみ)」という名を授かりました。冬彦と真逆にノンキャリアの現場の叩きあげ。刑事としては優秀ですが、男まさりで、口が悪く捜査方法は少々乱暴。異議があれば上司にもたて突いてしまうため『なんでも相談室』に飛ばされました。

本条靖子-(安達祐実さん)

(出典:https://芸能人の旦那特集.com)

事務員なのに口から出る全てが毒舌で、一番偉そう。自分の思ったことをズケズケというため、トラブルが多々ありますが、当人は全く気にしていません。寅三とは全く意見が合わないため、絶えずいがみ合っています。『なんでも相談室』の仕事に対しては興味はないですが、困ったときは頼りになるという姉御肌な面を持っています。。

桜庭勇作-(木下隆行さん)

(出典:https://www.asagei.com)

カレーライスと犬が大好きな、ぽっちゃり系男子。八王子西署の交番勤務でしたが、仕事に対する意欲や興味がなく「全く使えない」という理由で『なんでも相談室』に飛ばされました。特技は犬とコミュニケーションがとれる事?

太田文平-(戸塚純貴さん)

(出典:http://yumeijinhensachi.com)

ゆとり世代の超マイペース人間で、岩手訛りが抜けません。元警視庁サイバー課の刑事だったのですが、自分を嫌う上司のパソコンにハッキングをかけ、不倫の証拠を掴み、『なんでも相談室』に飛ばされました。地道な捜査や体力勝負を苦手とし、PCやモバイルを用いた捜査で本領を発揮します。

金田一修-(平岡祐太さん)

(出典:https://thepage.jp)

冬彦と同様に、東大卒で公務員一種試験をトップ合格したキャリアで、捜査一課の管理官。卓越した情報収集力や指示能力、現場の刑事たちをたてる真摯な態度は一目置かれ、将来の警視総監と噂されています。冬彦を先輩と慕っており、良き理解者が現れたように見えたのですが…。

古河祐介-(手塚とおるさん)

(出典:https://www.oricon.co.jp)

経験豊富な現場のたたき上げだけに、刑事としてのプライドが人一倍強いです。寅三とも犬猿の仲で、冬彦の分析を机上の空論だとし、それだけでなくすべてを自分の手柄にしてしまう姑息な面があります。

青山進-(六角慎司さん)

(出典:https://natalie.mu)

鑑識課の主任で冷静沈着。冬彦の洞察力に感服し、表面的には何かと鑑識捜査の協力をしていますが、実は冬彦の警視という肩書に弱いだけ?

小林優太-(栗山航さん)

(出典:https://thetv.jp)

仕事ぶりは実直で真面目ですが、実は上司である金田一に取り入って、気に入られようとしているだけとも言われています。

鮫島弥生-(岸明日香さん)

(出典:https://www.yutori528.com)

いつも笑顔で、杉並署のアイドル的存在となっていますが、捜査の役には全く立っていない実情があります。

谷本敬三-(石丸謙二郎さん)

(出典:https://www.oricon.co.jp)

杉並中央署の副署長であり、怒ると顔を真っ赤にするため、「だるま」と呼ばれています。下には厳しく、上にはお調子者という、頼りがいのない上司。出世欲が強いので、早く署長の座に座れる日を待っています。『なんでも相談室』を毛嫌いしており、相談室を解体することを常に目論んでいます。

国仲春吉-(加藤茶さん)

(出典:https://www.hochi.co.jp)

もともとは寅三の行きつけの店でしたが、いまは『なんでも相談室』の行きつけに。料理の腕が適当で、店はいつもすいています。出す料理を毎回ことごとく冬彦にダメだしされ、傷つきます。どう言う訳か、杉並中央署管内の情報に詳しい地獄耳ですが、自分にとってマイナスな事には耳が遠くなるクセがあります。

湯川春樹-(石坂浩二さん)

(出典:https://reroreroponch.com)

元・天才監察医で神奈川県警で司法解剖を担当し、様々な難事件を解決に導きました。現在は大学病院の院長ですが、他人への気配りができず、思ったことをそのまま口にする性格は、冬彦以上にKYで変人。そしてその経験と観察眼で、冬彦に事件のヒントを与えることもあります。

横山建夫-(片岡鶴太郎さん)

(出典:https://news.mynavi.jp)

酒で問題を起こして警視庁の102の警察署を渡り歩き、最後に杉並中央署にたどり着き、「なんでも相談室」の新係長となりました。通販好きで、職場を届け先に登録しており、通販で購入した物が、事件解決のヒントを導く事も。

-ドラマ

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.