芸能人

辰巳琢郎の娘がかわいい?ダブル選挙に出馬か調べてみた!

投稿日:





高学歴俳優・辰巳琢郎さんの娘が綺麗でかわいいと話題です。確かに画像で見てもかわいいですよね!そして2019年4月に行われる大阪ダブル選挙に辰巳さんが出馬の打診を受けたそうです。そこで、気になる辰巳琢郎さんの娘のバイオグラフィーや、辰巳さんは実際に選挙に出馬するのかなどについて調べてみました。

スポンサーリンク




辰巳琢郎の娘がかわいい?

(出典:https://eiga.com)

俳優の辰巳琢郎さんの娘が綺麗すぎてかわいいといわれています。そのかわいい娘のために辰巳さんは、一般人の感覚とはかけ離れた教育法を行っているようです。2017年11月29日オンエアの「良かれと思って!」(フジテレビ)に出演した辰巳琢郎さん、娘でありソプラノ歌手の辰巳真理恵さんに非常に高額なリハーサル室をプレゼントしていたことが判明したのです。

番組では、昨今の2世タレントによる不祥事の原因究明のため、2世タレント父親に事情聴取を行いました。番組に娘の真理恵さんの友人から届いた「辰巳さんが1億2千万円ものリハーサル室を購入している」という情報をもとに辰巳琢郎さんを追及。辰巳さんは動じることなく「いろんなものを子供に教えるのは大事」「場所は必要」など子育てに対する持論を展開します。

リハーサル室の名前はかわいい娘の名前にちなんで「マリーズ・サロン」と名付けられたり、練習用のピアノの価格が推定1千万円もの高額に及んでいることもが判明しました。さらに応接室やバーカウンターなど、歌の練習とは一見何の関係もない設備も数々用意されていることも明らかに。

そして極め付けとして、リハーサル室の地下に設けられたという20畳ものワインセラー。芸能界でも屈指のワインに造詣の深い、日本ソムリエ協会ソムリエ・ドヌール・ションパーニュ騎士団の称号を持つ辰巳琢郎さん、3千本を超えるワインをここに保管しているほか、ボジョレーヌーヴォーが解禁される日には知人を呼んでパーティを開催していることまでもわかったのです。かわいい娘への「リハーサル室」というにはあまりにかけ離れた実態に、MCの澤部佑さん(ハライチ)からは「(娘はあの部屋を)プレイルームと認識してる」とあきれていました。

そのような豪奢なリハーサル室で練習に専念できるのか心配にもなりますが、辰巳真理恵さん、2018年の秋に初のソプラノアルバム「Ba,Be,Bi,Bo,Bu(バ・ベ・ビ・ボ・ブュ)」(キング)でしっかりメジャーデビューを果たしています。真理恵さんはそれまで正統派の声楽家としてコンサートやオペラに出演してきましたが、ついにプロ歌手としての第一歩を踏み出した訳ですね。

(出典:https://www.sankei.com)

メジャーアルバムの発売に真理恵さんは「感無量です」と素直に喜んでいました。このアルバムは歌劇「ロミオとジュリエット」の「私は夢に生きたい」といったクラシックや「蘇州夜曲」などのスタンダード、そして作曲家の藪田翔一さんが百人一首の歌にメロディーをつけた曲までバラエティー豊かな1枚となっています。

さらにオリジナル曲「ありがとう」は藪田さんが作曲し、真理恵さんが自身の体験をもとに歌った曲。父への感謝への思いがこもっている1曲で、かわいい娘を持つ父親であれば感涙必至に違いないでしょう。真理恵さんの祖父が外科医だったため、幼い頃は医師を志していましたが、高2の時に父の琢郎さんが出演したミュージカル「キャンディード」(宮本亜門さん演出)を見て、人生が一変。

もともと歌が好きだった真理恵さんは、本気で歌の世界を目指すことになります。母親は反対したそうですが、父親の琢郎さんは自分も役者になりたくて京大に入ったことから、やるならきちんと音大に入って基礎を学ぶよう後押ししてくれたのだとか。そして真理恵さんは東京音大声楽科を卒業して大学院に進み、二期会オペラ研修所でも研鑽を積みます。さらには舞台やコンサートで経験を重ね、キャリアアップを図りました。

(出典:https://www.asahi.com)

オペラというのは基本的に大柄な女性が歌うイメージがありますが、真理恵さん自身は結構小柄です。声楽の世界では不利かと思いきや、小柄でソプラノだと天女や女神のような、人ではない役をいただけるため真理恵さんは、誰にもできない独自の路線を極めていくとの事。インテリ俳優の娘らしく、自己分析に優れたビジョンを持っていますね。

2018年11月26日に、アルバム発売を記念したリサイタルがサントリーホール「ブルーローズ」で開催されました。辰巳真理恵さんは1987年生まれ大阪府枚方市出身、血液型はAB型で一般人の弟がいます。

スポンサーリンク




辰巳琢郎はダブル選挙に出馬する?

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp)

そんなかわいい娘を持つ、インテリ俳優の辰巳琢郎さんですが2019年4月7日に行われる、大阪府知事と大阪市長のダブル選挙を巡り自民党が立候補を打診しているそうです。これは、大阪市を廃止し特別区に再編するというあの「大阪都構想」をめぐって、大阪維新の会代表の松井大阪府知事と吉村大阪市市長が、改めて選挙で民意の後押しを得たいとして3月8日に辞職願を提出し、統一地方選挙前半のに行われる市長選挙に松井知事が、知事選挙には吉村市長がシャッフルの形で立候補するのです。

この戦略に対し自民党は「私利私欲、党利党略だ」と批判をしていて、それぞれの選挙に対立候補を立てる方針で人選を進めているものです。そこで、大阪維新の会に批判的な勢力を結集可能な候補者が望ましいと、大阪市出身で俳優として幅広くテレビや映画、舞台などで活動を続ける辰巳琢郎さんに立候補を打診する経緯となった訳です。

自民党はダブル選挙を「維新に終止符を打つ選挙」と位置づけていて、公明党や国民民主党、立憲民主党、共産党の各党も都構想に反対していて、維新の手法には反発しています。党勢が低迷しているとはいえ、維新の会は2017年衆院選では府内比例代表の票が自民と拮抗するほどの力を持っています。自民党としては、政党色が薄く幅広い支援を得られる著名人という事を念頭に、市長選候補についても擁立を急いでいます。

一方で吉村市長や松井知事は、過去2回のダブル選で自民党が国政で対立する他党の支援・協力を受けたことを「野合・談合」と批判しています。自民府連は前回15年のダブル選でも辰巳さんに知事、市長のいずれかで出馬を打診しましたが、当時は辰巳さんの番組出演との兼ね合いから実現しませんでした。

打診に対して辰巳さんは「光栄な話で、真剣に聞くつもり」と話していますが、現時点では立候補するかどうかの最終的な回答は得られていないそうで、自民党は回答を待って候補者の擁立に向けた調整を急ぐ方針との事です。

※辰巳琢郎さん、前回に続いて自民党の出馬要請を断念したようです。色々なことを考えた上での決断だったと思います。

辰巳琢郎プロフィール

(出典:https://www.asahi.com)

名前:辰巳琢郎(たつみ たくろう )
生年月日:1958年8月6日
身長:180cm
体重:80kg
所属事務所:タクスオフィス(代表取締役社長)

辰巳琢郎さんは石川県小松市生まれ大阪府大阪市住之江区(旧住吉区)育ちです。結婚後に枚方市に約10年間在住す、現在は東京都に住んでいます。学歴(卒業校)は大阪市立敷津浦小学校、大阪教育大学附属天王寺中学校、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎、京都大学文学部。1男1女をもうけています(長男は一般人、長女は辰巳真理恵さん)。代表作にフジテレビ「辰巳琢郎のくいしん坊!万才」(1991~93年)や「もう誰も愛さない」(1991年)、TBS系ドラマ「浅見光彦シリーズ」があります。

辰巳琢郎の娘がかわいい?ダブル選挙に出馬するのかまとめ

「大阪都構想」というのは、非常に斬新ではあると思うのですが果たして府民の生活がどの程度良くなるのかは、分かりづらい部分もあるような気がします。このまま「大阪市」のままで、大阪ならではの良さを保ちながら改善を図っていくのも、1つの方法でもあるとは思ってしまいますね。

スポンサーリンク




関連記事



-芸能人

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.