未分類

2019バレンタイン ルビーチョコレートとは?ローソンや通販でも買える!

投稿日:





2019年もバレンタインの季節がやってまいりました。2019年のバレンタインはどうやら、チョコレートの革命児『ルビーチョコレート』が主役のようで、ローソンでも販売されています。ルビーチョコレートとは?ローソン意外でも購入できるのか、ルビーチョコレートとはどんな味や色なのかについても調査してみました。

スポンサーリンク




2019バレンタイン ルビーチョコレートとはどんなチョコ?それは第4のチョコ!

2019年のバレンタインで大注目なのが「ルビーチョコレート」ですが、ルビーチョコレートとは、一体どのようなチョコでしょうか。ルビーチョコレートとは、「ダーク」「ミルク」「ホワイト」に次ぐ『第4のチョコレート』として注目を集めているのです。チョコレートには正式認定があり、その認定はとても難しいため、第3のホワイトチョコレートが正式認定を受けたのが80年前、1937年頃となります。

ですから今回、ルビーチョコレートが正式認定されたことは、世界的な事件といっても良いと思います。そして2018年10月3日より、世界的なチョコレートメーカーのバリーカレボージャパン社から、プロ向け(業務用)として「カレボー®ルビーチョコレート RB1」が発売となりました。

(出典:https://www.patissient.com)

ルビーチョコレートとは、南米ブラジルやエクアドル、コートジボワールなどで栽培されたルビーカカオと呼ばれる豆から作られていて、バリーカレボーが生み出した独自の新技術を駆使して生産されています。バリーカレボーはチョコレート製品を扱う多国籍企業の会社で、スイスのチューリッヒに本社を置く、高品質カカオとハイレベルなチョコレートのメーカーです。

日本ではあまり見聞きすることのない会社名ですが、森永製菓をはじめとして、メーカーや製菓会社にチョコレートの原料を供給している会社です。世界中のチョコレートの25パーセントが、バリーカレボーを使用していると言われているという事実があるほどです。そのバリーカレボー社が、13年の年月をかけて、ルビーカカオ豆からルビーカカオの赤っぽさの能力を最大限に引き出し、ルビーチョコレートの自然な色を作り上げました。

ですから、2019年の現在はルビーチョコレートとは、バレンタインで最も注目すべきチョコといってもいいでしょう。さて、この大注目の「ルビーチョコレート」とは、一体どんなビジュアルや味なのでしょうか?「ルビーチョコレート」とは『ルビーカカオ』というスペシャルなカカオ豆が原料です。

バリーカレボー社の特殊な加工技術でカカオ豆に含まれる成分を引き出すと、なんとも美しいルビー色になります!ルビー色のビジュアルでも天然由来ですからもちろん無着色です。ピンク色なので思わず「イチゴ味?」と思ってしまいますが、そうではなく僅かに渋みのあるベリーのような酸味を感じられます。

2019バレンタイン ルビーチョコレートはローソンや通販でも買える?

そして、このルビーチョコレートを使った新作スイーツが、ローソンやスイーツブランドから続々販売されています!また、通販でも購入できるというのも、嬉しいですよね。順番に見ていきましょう。

スポンサーリンク




2019バレンタイン ルビーチョコレートはローソンからは2商品を展開でトップパティシエの新作も続々!

2019年バレンタインに向けてのルビーチョコレート、ローソンからは2商品を展開していましたね。

・ローソン「Uchi Café プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」

(出典:https://www.lawson.co.jp)

「UCHI CAFÉ プレミアム ルビーチョコレートのロールケーキ」(税込350円)

2商品のうちの1つは、ローソンでは大人気の「Uchi Caféプレミアムロールケーキ」とルビーチョコレートのコラボです。ふわふわのスポンジ生地と、中のクリームにもルビーチョコレートが使われています。さらにクリームの中にはベリーソースが入っているため、甘酸っぱい爽やかな味が楽しめる仕上がりになっています。

さらに、ルビーチョコレートのプレートも付いてくるのです!

・ローソン「Uchi Café ルビーチョコレートのショコラケーキ」

(出典:https://www.lawson.co.jp)

ローソンの2019年バレンタインの2商品目、こちらは残念ながら販売が終了してしまいました。

発売日:2018年12月2日(日)~12月25日(火)
販売店舗:ローソンストア100を除くローソン全店
価格:3,200円(税込)

「Uchi Café ルビーチョコレートのショコラケーキ」(税込3200円)

こちらは、2019年バレンタインというより、クリスマスケーキとして予約販売されたショコラケーキなんですね。

濃いチョコレートがグラサージュされた上には、ルビーチョコレートのホイップクリームがデコレーションされていて、すごく華やかな雰囲気です。中にはルビーチョコレートのガナッシュ、チョコレートスポンジ、ビターチョコレートとミルクチョコレートを使ったムースがたっぷり入っていて、ビジュアルの断面の美しさや、味の違いが楽しめます。

また、2019年のバレンタインではローソンだけでなく、有名お菓子ブランドからもルビーチョコレートを使った商品が発売されています。

・ユーハイム

(出典:https://e-shop.juchheim.co.jp)

ルビーミルフィーユ/ルビーミルフィーユアソート

フィンガータイプのミルフィーユが、ルビーチョコレートでコーティングされています。北海道バター使用のサクサクパイ生地に、イチゴやラズベリーのミックスクリームがサンドされています。

発売日:2018年9月25日(火)
価格:540円/1080円/2160円(税込)
※1080円、2160円はミルクチョコレートミルフィーユとルビーミルフィーユのアソート
販売店舗:北海道10店舗、関東22店舗、東海12店舗、関西37店舗、中国9店舗、九州11店舗ほかユーハイムプレミアムオンラインショップ

・ローゼンハイム

ルビー&チョコレートヒストリー(3,546円税込)

(出典:https://es.aeon-hokkaido.jp)

ルビーチョコレートが入った4種類のチョコレートをバリエーションで楽しめるアソート。食べ比べにも最適です!

ルビー&チョコレートコレクション

(出典:https://iyec.omni7.jp)

ルビーチョコレートを『ルビーづくし』にタブレットとロールビスケットで!

全国有名量販店にてどちらも、お歳暮カタログでの販売となります。流行に敏感な方へのギフトに選ばれると、ぴったりではないでしょうか?

そして、日本が誇るトップシェフパティシエたちも負けじと、ルビーチョコレートの新作を発表しています!辻口博啓シェフは2019年1月より発売した「ソシソンショコラルビー」。そして小山進シェフは、人気のケーキ「小山チーズ」にルビーチョコレートとエチオピアンコーヒーを合わせたスイーツを手がけました。

・辻口博啓シェフ
「ソシソンショコラルビー」2,300円(税込)

(出典:https://croissant-online.jp)

モンサンクレール、百貨店等催事場で2019年1月中旬より販売

・小山進シェフ
「小山チーズエチオピアンコーヒー+ルビーチョコレート」1,728(税込)

(出典:http://es-koyama.com)

パティシエ エス コヤマにて2018年11月1日(木)より販売

・アステリスク 和泉光一シェフ
「ケイク・ルビー」2,000円(税込)

(出典:https://f-weeklyweb.com)

アステリスクにて2018年10月初旬より販売

・洋菓子マウンテン×CELLAR DE CHICOLAT by Naomi Mizuno
「ルビーココ」1,728円(税込)

(出典:https://rankingbox.jp)

洋菓子マウンテンにて2018年9月22日(土)より販売

2019バレンタイン 今季チョコレートは” ルビー色”に注目!

チョコレート業界に革命を起こしたといえる『ルビーチョコレート』。2019年のバレンタインはこの色で勝負するしかないですよね!

2019バレンタイン ルビーチョコレートとは?ローソンや通販でも買えるについてまとめ

今回、歴史的といえる『第4のチョコ』となったルビーチョコレート、これから人々の生活にあの美しい色のチョコが普通になじんでいくと思うと、何か感慨深いものがあります。そして、色だけでなく味の方も斬新なので、私も早く食べてみようと思っています(^^)

スポンサーリンク




関連記事



-未分類

Copyright© 色んなコトもっと知りたい!^^ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.